【映画】実話を基に…

2019.08.02 Friday

0

     

    2006年アメリカ映画

    スノーデン

    公開時そこそこ話題になってた割には日本での興行収入が1.7億と振るわず?

    こう言うドキュメンタリータッチ・伝記映画は好きな部類になるけど、

    これはそこまで好きになれなかった作品。

     

    まずスノーデンって言う人が好きじゃない。それが大きい。

    内部告発って勇気のある事なんだろうと思うけど、

    これは国家間の条約とか安全保障を脅かす内容だろうから、

    それだけにこの人の正義感だけで多くの国民を危険に晒すってのはなぁ。

     

    まぁ事実だとして不正があるなら正さないとアカンのやろうけど…。

    その立場に立っているから敵視?しながら観ておりました。

    また最近のハリウッド作品には政治的思想が偏って盛り込まれ、

    プロパガンダみたいな感じがするからちょっと疲れるかな。

     

    映画自体が元々プロパガンダの道具なのかも知れないけど、

    これは特にそう感じたから評価は低い。

     

    『JFK』のオリバー・ストーン監督だけに、もう少し期待したんだけどなぁ。

     

    なかなかお勧めは難しい出来ない映画でございました。

     

    では(-_-)zzz

     

     

    2018.11.26

     

    【スタッフ】

    脚本:キーラ・フィッツジェラルド

    監督:オリバー・ストーン

    原作:ルーク・ハーディング/アナトリー・クチェレナ

     

     

    【キャスト】

    ジョセフ・ゴードン=レヴィット

    シャイリーン・ウッドリー

    メリッサ・レオ

    トム・ウィルキンソン

    リス・エヴァンス

    ニコラス・ケイジ

     

     

    【ストーリー】

    2013年6月、元CIAおよびNSA(アメリカ国家安全保障局)職員エドワード・スノーデンの内部告発により、

    アメリカ政府がひそかに作り上げた国際的な監視プログラムの存在が明らかになる。

    そこに至る9年の間、国を愛する平凡な若者はテロリストばかりか民間企業や個人、

    同盟国までも対象とされ、全世界のメールや携帯電話での通話が監視されている現実に危機感を募らせていた。

    (シネマトゥディ)