48 寅次郎紅の花 ロケ地巡り 津山編3

2018.11.08 Thursday

0

     

    前回は新郎の家を後にした。ってところまで。

     

    早速…と言いたいところやけど、ちょっと疑問に思っている事を…

     

    下の地図が作中での経路

     

    出:泉親子が宿泊・着付けをしたホテル

    1:前回書いた結婚式へ向かう道。鶴山公園

    2:前回書いた新郎の格式高そうな家

    3:今回書く満男が車列を妨害する場所

     

     

    泉らを乗せた車列の進行方向と、満男が向かってくる進行方向を考えるとこんな感じになる。

    しかも場所は普通の住宅街。で、疑問に思うのは…ここで遭遇する確率が奇跡的すぎるw

     

    そもそもこの住宅街を通る事が謎過ぎるのに、しかも何時に終わるか分からない新郎邸での催し。

    よっぽど土地勘がないと出来ない荒業w

     

    万が一、満男が泉の結婚式当日のスケジュールを把握していたなら…

    わざわざここじゃなくても、新郎邸に乗り込むか宿泊してるホテルで良くね?

     

    偶然やとやはり奇跡的すぎるし、車列が何故ここを通ったのが気になる。

    披露宴の為にホテルに向かったのなら川沿いの国道で問題ないし…

     

    作中で新郎父親役の笹野高史のセリフで

    「縁起が悪いからバックしたらアカン」みたいな事を言うけどそれと関係があるのかなぁ。

     

    まぁ映画なので細かい事を気にしたらアカンのやけどw

     

    何かこう言うのも訪れてみて分かる…調べてみて面白いなぁ。って楽しくなる♪

     

     

    で、ちょっと長くなったけロケ地巡りのお話。

     

     

    ■車列が上る坂道

    二枚目の地図上の左側の矢印の付近。

    もう少し低いところからのアングルでしたなf^^;

     

     

    ■満男と遭遇

    地図上の3付近。

    見ての通りすれ違うのも難しい狭い住宅街で超ローカル道路。

    ひょっとしたらこの通りか先にある神社に行きたかったのかも知れない。

    けど一方通行じゃないから遠回りになっているし、

    前方の満男もわざわざレンタカー借りてこんなとこ通るか?wってお話w

     

     

    ■側溝からのアングル

    カーブミラーが直進タイプと根本が曲がっているタイプに変わってるw

    この違いってなんやろうか…。

     

    ここで笹野高史が車を降りて、満男にバックしてくれとお願いするけど、

    無視→前進・車をぶつける→車から降りて泉に「結婚するな」と叫び…

     

     

    ■ボコられる

    車をぶつけるシーンは

    ここより少し先の場所に移動して撮ったと思われるけど自信が無いので割愛。

     

    笹野高史が「結婚式は中止!!」って叫び…

    俯瞰アングルに変わって柴又のシーンに戻り津山シーン終了。

     

    作中ではたった7分間のシーンでございます。

     

    こう思うと映画って凄い労力使って撮影するよなぁ。津山市内の各地への移動だけ約30分。

    車止めて移動して機器を設置して、俳優陣のメイクして撮影。

    その撮影もカット割りがあるから何度も撮って…編集して…。

     

    たった7分のシーンにどれだけの時間とコストがかかるんやろうか…。

     

    そんな事を改めて思ったロケ地巡り 津山編でございました。

     

     

    で、三回で終わらす為に思いっきり画像を割愛したので、

    龍野編同様初めからこれで事足りるまとめ動画↓

     

    と、言いたいところやけど・・・

     

    津山編1で書いたように、OPが一瞬津山から中国勝山(真庭市)に飛ぶので、

    それをアップした時に動画もm(_ _)m

     

    ではヽ(^。^)ノ