【映画】やはり好き。

2018.11.30 Friday

0

     

    2014年アメリカ・日本未公開作品

    最高の人生のつくり方

     

    好きなロブ・ライナー監督作品♪

    誰がなんと言おうと無条件で好きな作品に入るw

     

    まぁ観る人によっては睡眠の時間になるかも…って内容。

     

    これまで、

    2007年『最高の人生の見つけ方』

    2012年『最高の人生のはじめ方』と来ての

    2014年『最高の人生のつくり方』

     

    この邦題何とかならんのかな…。

     

    原題でみると…

    2007年『The Bucket List』

    2012年『The MAGIC of BELLE ISLE』

    2013年『And So It Goes』

     

    こう見ると『最高の人生〜』って付けているのが気持ち悪い。

    個人的にはこう言う無駄に重たくする題名は嫌い。

     

    これは完全に日本のプロモーター、代理店の戦略ミスやと感じる。

    多分、作品的にもパンチが弱いから日本でもヒットした一作目に

    関連付けたい意図があるんだろうけど、、、それをすると、

    30分ずつのショートムービーみたいになって安っぽくなる。

     

     

    作品の方はロブ・ライナーらしいまったりとした時間が流れるヒューマン・ドラマ。

    やはり好きな作風で映画を観ていて一番癒やされる監督とも言える。

    展開的にはベタドラマの位置づけになるけど、それもまた良いグー

     

    この作品は挿入歌も素晴らしくライナー作品で何度も音楽を担当を任せられるマーク・シャイマンらしいグー

    『ストーリー・オブ・ラブ』でエリック・クラプトンを好きになったり、

    『恋人たちの予感』で、It Had To Be You.を知ったりと、

    ライナー×シャイマンコンビで洋楽を知る事が大変多いから僕にとっては影響力大指

     

    派手さが無い分、ゴールデンでは難しいけど深夜枠なら民放でもありえるかなぁ。って作品。

    DVDは…僕はロブ・ライナー作品はとりあえず買っていたのでレンタルもお勧めするけど、

    大半の方が「暇な映画」と評価するだろうから、手放しでお勧めはしません。

     

    けど、僕は好きw

     

    ではバイバイバイバイバイバイ

     

     

    2018.02.15

     

    【スタッフ】

    脚本:マーク・アンドラス

    監督:ロブ・ライナー

    音楽:マーク・シャイマン

     

     

    【キャスト】

    マイケル・ダグラス

    ダイアン・キートン

    スターリング・ジェリンズ

    フランキー・ヴァリ

    アンディ・カール

    スコット・シェパード

     

     

    【ストーリー】

    “成熟した恋愛”をテーマに描いたラブロマンス。

    笑い合える人生を再び見つけようと心を開いてゆく男の心理を丁寧に描く。

    自己中心的で、周囲からはガンコで変わり者と思われている不動産エージェントのオーレンの元へ、

    疎遠になっていた息子から孫娘を預かってほしいと依頼が来る。

    孫の存在さえ知らなかったオーレンは、9歳の少女に対して戸惑いを隠せず、

    隣人の女性リアに助けを求める。こうして奇妙な3人での生活が始まることになるのだが…。

    (allcinema)