【映画】興行的には失敗?

2018.11.02 Friday

0

     

    2015年アメリカ映画

    『ザ・ウォーク』

     

    『フォレスト・ガンプ』『BTTB三部作』『キャスト・アウェイ』『フライト』

    で有名なゼメキス監督作品なんやな汗

     

    日本で2016年公開で興行収入は2億円…

    ちなみに同じ2016年『君の名は』243億円。

    結構なプロモーションをしていたから、そう考えると日本では失敗…。

     

    文字通り”手に汗握る”ハラハラドキドキさせられる感じは、

    映画の醍醐味で王道だと思うので個人的には好き頑張る

    また実話を基にしているからリアリティもあるし、CGもリアリティがあって良い。

     

    目的に向かっての葛藤とか人が引っ付いたり離れたり、

    ワガママやったり反省やったり…綺麗ごとだけじゃない所も良い。

    と、言うあこの目的自体犯罪行為やから…是とは出来ないけど汗

     

    派手なプロモーションをしている映画は極力避ける傾向にあって、

    これもNetflixで配信されてたのは知ってたけど、観なかった作品映画

     

    でもDVD借りてまで観たか?と聞かれれば…ハードルが高かったかな。

    それでも、あと1枚何か借りる…には入れても良いかも指

     

    民放ゴールデンでは一部カットされるか、翻訳の言葉を変えてならあるかもねぇ。

     

    機会があれば是非。ではバイバイ

     

     

    2017.10.15

     

    【スタッフ】

    脚本:ロバート・ゼメキス/クリストファー・ブラウン

    監督:ロバート・ゼメキス

    原作:フィリップ・プティ

     

     

    【キャスト】

    ジョセフ・ゴードン=レヴィット

    ベン・キングスリー

    シャロット・ルボン

    クレマン・シボニー

    ベン・シュワツル

    スティーヴ・ヴァレンタイン

     

     

    【ストーリー】

    1974年。

    フランス人の大道芸人フィリップ・プティは、誰も考えついたことのない挑戦をすることに。

    それはニューヨークのマンハッタンにそびえ立つ2棟構造の高層ビル、

    ワールド・トレード・センターの屋上と屋上の間にワイヤーロープを張って

    命綱なしで渡っていくというものだった。そして、ついに決行の日を迎えるフィリップ。

    地上110階の高さに浮いているワイヤーを、一歩、また一歩と進んでいく彼だったが……。

    (シネマトゥデイ)