【映画】何とも言えぬ…。

2017.08.11 Friday

0

     

    2004年ドイツ、イタリア、オーストリア合作映画

    『ヒトラー 〜最期の12日間〜』

     

    戦争映画は観る物ではない…と思いつつNetflixで観る物が無くなってきたので…。

     

    若干、ヒトラーが良いもんに見えてしまうのは気のせいかな…。

     

    先の戦争を肯定する気もヒトラーが行った事を肯定する気もないけど、

    ヒトラーの人間的な部分とか葛藤が描かれている点は高評価グー

     

    グロテスクな描写も無いので戦争映画とは言え、まだ観やすい作品となっている。

    少し史実と違うのかな?って引っ掛かるけどまぁ許容範囲かなぁ。

     

    民放でやる事は無いけど、機会があれば是非指てな作品。

     

    ではバイバイ

     

    【スタッフ】

    脚本:ベルント・アイヒンガー

    監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル

    製作:ベルント・アイヒンガー

     

     

    【キャスト】

    ブルーノ・ガンツ

    アレクサンドラ・マリア・ララ

    ユリアーネ・ケーラー

    トーマス・クレッチマン

    ウルリッヒ・マテス

     

     

    【ストーリー】

    1945年4月20日、ベルリン。

    ソ連軍の砲火を避けるために、ヒトラーはイツ首相官邸の地下要塞に退却していた。

    すでに正常な感覚を失っていたヒトラーは部下に実現不可能と思える作戦を熱く語っていた。

    (シネマトゥデイ)