39『寅次郎物語』ロケ地巡り 和歌の浦編2

2019.02.19 Tuesday

0

     

    前回は秀吉少年の母親が働いてるエリアを探し、

    旅館の聞き込みをしているところまで。

     

    早速、廃墟巡り…ロケ地巡りの続き。

     

     

    ■とうとう働いているホテルが分かる!

    前回最後にアップしたたなか旅館の前…。

    右上に見える『たなかの【か】【た】【な】は残っておらず…。

     

    ここでの聞き込みの結果、秀吉少年の母親の勤め先がわかり、

    テンションの上がる寅さんと、とうとう足が止まる秀吉少年。

     

    口数は少ないがやはり【母親と再会=寅さんとの別れ】が辛いのか…。

    和歌山駅からの一言も発さない少年から読み取れる演出。

     

    動かない秀吉少年に強い口調で促し母親が務めるホテルに到着!

     

     

    ■宇宙回転温泉!?

    初めて本編観た時おもわず口走って見返したわw

    場末のラブホテルにありそうな感じではございますが…

    今は取り外されております。。生で見て横で記念写真撮りたかったなw

     

    電飾上のスロープを上がり…

     

     

    ■北村荘

    跡形もなく…。高台に建つ立派なホテルやったんかなぁ。

    ラブホテルではなさそうw

     

    寅さんと秀吉少年がスロープを上りエントラス前

     

    寅さん

    お前なお母ちゃんのことよく覚えてねぇかもしれねぇけど

    こっから出てきたら”お母ちゃん”って呼ぶんだぞ 

     

    産みの母親に捨てられた経験から、

    秀吉少年を自身に重ねほっとけないのでしょうかね。

     

     

    ■待つ、秀吉少年

    寅さんの言いつけに頷くだけの秀吉少年、ホテルに入るのを見届け…

    エントラス前のテラスで和歌の浦の絶景を眺め何想う…。

     

    ここまででかなり感情移入しているけど山田洋次監督は

    秀吉少年と見ている我々に更なる試練を与える…w

     

     

    寅さん

    お前の母ちゃんとっくにどっか行っちゃったんだってよ。

    (中略)

    あ〜あせっかく来たのにな

     

    無言で見つめる秀吉少年…

     

    途方に暮れているとホテルの方が現在の勤め先を知らせる年賀状を持ってきて、

    吉野山にいる事が発覚し寅さんと秀吉少年はすぐさま和歌の浦を後にする…。

     

    ■母親探しが続く…

    和歌の浦最後のシーン。何でしょこの寂しげな感じ。

    本編も寂しげなシーンだったからか今と昔を比べた時、余計に寂しく思える。

     

    ここから昨年訪れた吉野山のシーンへと変わる…。

     

     

    ってことで載せられなかった和歌の浦シーンの画像も含めたまとめ↓

     

     

    さらに本編の一連の流れ、和歌山→吉野→三重をまとめた動画↓

     

    画像の枚数が多いからか、かなり画質が悪く…なんとかしないとf^^;

    と、思いつつアップ。

     

    では。

    39『寅次郎物語』ロケ地巡り 和歌の浦編1

    2019.02.18 Monday

    0

       

      前回の和歌山駅編からの続き。

       

      タクシーの運転手への聞き込みによって、

      秀吉少年の母親の勤めているエリアが発覚!

      向かったのは…。

       

       

      ■和歌の浦

      和歌の浦の象徴的な岩なのかな?蓬莱岩と言うらしいです。

       

      もう少し高い角度なのか、低い角度なのか…分かりませんw

      それにもう少し海側からのアングルですなf^^;

       

      初め和歌浦温泉 萬波さんの駐車場から撮っていたけど、

      少し高くて下を見るとべランドと営業していないプールを発見。

       

      旅の恥はかき捨て・ダメで元々根性発動をして

      フロントで経緯を説明しプールから撮らせてほしい旨依頼。。

      プールは行けなかったけど、その少し上(2階)のベランダに入らせて頂く事に♪

      本当に感謝。

       

      そこから撮影したのが↑↑

       

      ベランダの右端ギリギリで撮影したけどもう少し海側からやね。

      多分3階の宴会場かお風呂か客室からのショットじゃなかろうか。。

       

      それでも1円にもならん冷やかしの僕を快く入れて頂いた、

      海沿いにあり景色が最高なホテルの萬波さんに感謝。

       

      和歌浦温泉 萬波

      和歌山県和歌山市新和歌浦2-10

       

       

      さて話を戻して…

      ■聞き込みを続ける寅

       

      上の萬波さんから車で1分。徒歩で5分程の距離。

      和歌の浦 木村屋さんの壁面と横のトンネルからの眺め。

       

      秀吉少年が腰をかける左側の宿が分からなく木村屋さんで聞くことに。

      女将さんが入って奥の部屋に上がらせて撮影当時のお話や、

      横にあって取り壊した旅館のお話、そこの置き土産のお話などなど

      親切・丁寧に色々と教えてくれた♪

       

      しかもその部屋からの眺め…絶景すぎw

      なんか海に浮いてるみたいなお部屋。

       

      本当に感謝。

       

      関西の学校が合宿所として利用されているみたいで

      この日も地元の奈良育英高校が宿泊されていた。

       

      和歌の浦 木村屋

      和歌山市新和歌浦2−2

       

       

      本編の話に戻して…

      秀吉少年の母親に近づいている緊張からなのか、

      足取り軽く聞き込みを続ける寅さんに対し少々疲れ気味の秀吉少年。

       

      ■旧たなか旅館前

      似ても似つかぬ…。

      何か建物が新しくなったり土地開発で変わっているとかではなく、

      ただ、ただ廃れている現在…木が生い茂りテラスは崩れ落ち…。

       

       

      ■たなか旅館跡

      もちろん開くことのないドア…。

      建物も当時のまま…やけど物凄く寂しく感じる。

       

      日本にはこう言う廃墟が多く処理に困ってると聞くけど、

      こう言う大きな建物はもっと困るやろうなぁ。

       

      ロケ地巡りから廃墟巡りになったところで今回はここまでw

       

      ではヽ(^o^)丿

      39『寅次郎物語』ロケ地巡り 和歌山駅編

      2019.02.16 Saturday

      0

         

        1987年(昭和62年)第39作

        『寅次郎物語』

        昨年9月に吉野山、12月に訪れた三重県の賢島二見浦と同じ作品。

        本編で言うと吉野山シーンの5分前に今回の和歌山駅・和歌の浦シーン。


        作品の流れとしては

        秀吉少年がとらやを訪ねる

        母親探しに寅が連れ出す

        大阪・天王寺で一泊

        和歌山駅・和歌の浦

        吉野山

        賢島・二見浦

         

        訪れたのは24『寅次郎春の夢』和歌山編同様2019年2月10日。

        加太港→和歌の浦を訪れたあとの9時半頃。

         

        ■和歌山駅到着1

        撮ってる時は完璧!って思ってたんやけど、並べて見るとそうでもないf^^;

        駅ビルがMIOに変わったんやね。

         

         

        ■和歌山駅到着2

        駅ビル改装に伴って時計が無くなってり、

        奥の近鉄百貨店が筆記体から活字体に変わってるw

         

        本当はこういう今昔を見比べるのが一番の楽しみなのよ( 一一)

         

         

        ■和歌山駅前聞き込み2

        秀吉少年の為にタクシーの運転手に聞き込みをする寅さん。それを見守る秀吉少年。

        地下街への階段が出来ておりますね。その奥には交番が出来ておりました。

         

         

        ■和歌山駅前聞き込み3

        聞き込みをする寅さんを待つ秀吉少年。

        少し疲れたのか、諦めたのか、母に近づくにつれ寅さんとの別れを察しているのか…

        色んな感情を読み取れるカット。

         

        駅ビル全面改装の為、ガラス張りだったのが壁に変わり…。

        当時を知る年配のJRの方によると

        「ポストあたりが座ってるところかなぁ。」との事。

         

        聞き込みの結果、ついに秀吉少年の母親が働いていた旅館が見つかる…。

         

        ってところで次回の和歌の浦編へ。ではヽ(^o^)丿

        24『寅次郎春の夢』ロケ地巡り 和歌山編2

        2019.02.14 Thursday

        0

           

          早速、前回の続き。

           

          ■根来寺1

          前回のみかん畑の直後なので本編開始は17,8分頃。

          訪れた時間は11時。

           

          木が生い茂って大門は見えませんf^^;

           

          イメージはこんな感じ↓

           

           

          ■根来寺2

          夕方の根来寺で佇む寅さん。このカット好き。

           

          ■根来寺3

          調子に乗って同じところ付近に座ってみました。

          クレーム等一切受け付けずf^^;

           

          本編では川沿いからここまで約1分間に収まってる。

          奈良の時も思ったけどこの1分間の為にどれだけの時間と労力をかけたのか…

          そう思うと贅沢な時間やなぁと改めて思う。その根来寺のカットが終わり…

           

          帝釈天の前でマイケルと御前様→とらやに紹介するシーンに移り、

          マイケルがとらやに下宿する経緯が描かれその頃寅さんは…

          本編開始28分頃。

           

          ■粉河寺1

          訪れた時間は11時半頃。

          茶店の前で啖呵売をする寅さんに群がる観衆。

           

           

          ■粉河寺2 啖呵売


          ■粉河寺3

          粉河寺シーンではこのカットが一番好きなのよなぁw

           

          ■粉河寺4

          売上集計する寅さん。

           

          横で売をしている仲間の嫁が家を出て子連れで商売しているのを聞いて、

          難儀に思った寅さんが子供に小遣いをやるが…


          本編最後静岡での啖呵売で再会し…。

           

           

           

          こんなところで、今回は終わり。

          で、相変わらず載せられなかった画像もこれ見たら事足りるまとめ動画↓。

           

          次回は『寅次郎物語 和歌山編』でお会いしましょう。ではヽ(^o^)丿

          24『寅次郎春の夢』ロケ地巡り 和歌山編1

          2019.02.13 Wednesday

          0

             

            今年三回目のロケ地巡り。

             

            作品は1979年(昭和54年)公開の第24作目

            『寅次郎春の夢』

            マドンナ 圭子役に香川京子

            ゲスト マイケル役にハーブ・エデマン、圭子の娘めぐみ役に林寛子

             

            訪れたのは2019年2月10日

            AM06時半頃 和歌山市内の加太港

            AM10時半頃 岩出市内の根来寺

            AM11時半頃 紀ノ川市の粉河寺と紀ノ川沿い

             

             

            ■冒頭夢から醒めるシーン

            本編開始5分32秒頃。

             

            今回一番初めに訪れ、撮影した時間は6時半頃…寒さに耐えられず、

            しょっぱなから妥協した感が否めないけどねぇw

             

            映画は隣接する友気汽船の事務所内から撮影したと思われ…。

            いずれにせよ同じアングルは厳しいねf^^;

             

             

            ■紀ノ川沿い1 本編開始17分13秒頃

             

            ■紀ノ川沿い2

            例によってとらやで喧嘩した後、和歌山に向かう寅さん。

            紀ノ川沿いを歩くシーン。

             

            訪れた時間的には後日書く粉河寺の後の12時前。

            それでも風も強く…寒さに耐えながら…w

            てか川の勢いが凄く轟音やった。

             

             

            ■みかん畑

            実際の場所がここかは分かりません。全く違う可能性の方が高い。

            上の川沿いを撮影する為に車停めるところを探していて、

            偶然通って見えた景色がそれっぽかったのでf^^;

             

             

            曖昧な画像を最後に今回はここまで。

             

            次回はこの流れの続きで根来寺と柴又シーンを挟んだ後の粉河寺を訪れたお話。

             

            ではヽ(^o^)丿

            27『浪花の恋の寅次郎』ロケ地巡り 宝山寺続編

            2019.01.24 Thursday

            0

               

              先日の第一作の奈良県内のロケ地のあと急遽訪れる事になった宝山寺。

               

              作品はもちろん27作目 浪花の恋の寅次郎

              訪れたのは宝山寺駅近くにある【宝山寺 楽食】

              昨年宝山寺に行った時に電話しようやく念願叶って店内へ♪

               

              若奥さんに感謝m(_ _)m

               

              思えば…

              浦安で出会ったオバ様や、

              車を停めさせてくれた吉野山のお店に、

              ホームに入れてくれた近鉄の駅員さん

              清掃中の部屋に入れて撮影させて頂いた龍野の赤とんぼ荘

              撮影当時の話を聞かせてくれた真庭市の奥さん

              賢島の松井真珠店さんエキストラで出演していたおじさん

              行く先々でご協力頂いて、自分が思っている以上の収穫と感動がある。

               

              寅さん風に言うと

              とかく土地土地の おぁ兄さん、おぁ姐さんに、ご厄介かけがちなる若僧でございます。

               

              ホンマのファンの人に怒られそうやし、若くはないのでそろそろ本題へ。

               

               

              訪れたのは2019年1月19日。

              一作目の奈良公園以外のロケ地を巡った直後。

               

               

              シーンとしては2018年10月に訪れた宝山寺での流れ。

              2の最後の画像境内の引きのシーン直後ランチを取る寅さんとふみ、

               

               

              ■ランチを食べる二人

              奥に見える街の風景はだいぶ変わったのに店内と窓の近くに見える景色はほぼそのまま。

              こう言う不思議な感覚が好きなのも巡ってる理由の一つ。

               

               

              ■いらっしゃいませ

              シーン画像に後ろ向きで映っているのが女将さんで、

              今回お話して頂いた若奥さんの義母。

               

               

              ■身の上話

              弟と生き別れた話や思い出話を聞く寅さん。

              ここから先日の阪神高速のカットが入り、港区・此花区のシーンになる。

               

              なんかようやく開いてた穴を埋めれたって感じ(^^♪

               

              今回を含めた『浪花の恋の寅次郎』奈良・大阪ロケ地まとめ動画↓

               

              あとは阪神高速のカットとふみが出勤する道頓堀のカットがあればほぼ◎

              1『男はつらいよ』ロケ地巡り 奈良県内編

              2019.01.22 Tuesday

              0

                 

                2018年8月末に訪れた第一作目のロケ地奈良公園の数秒前。

                 

                午前様親子が観光する法起寺・唐招提寺・法隆寺

                 

                本編開始00:34:16〜00:34:41の間たった25秒のカット。

                 

                この25秒の為にどれだけの時間とお金と労力をかけたんやろか。

                そう思うと贅沢なシーンだと改めて思う。地図で見ると…。

                単純に渋滞なしで46分の移動距離。しかも宿泊地からなら倍かかる訳で…。

                どれくらいの日数をかけて奈良県内全5分のシーンを撮影したんやろか…。

                 

                そんな事を思いながら…てのは嘘やけど、

                忙しなくバーッと地元を巡ってきた今回のお話。

                 

                訪れたのは2019年1月19日。

                 

                 

                ■法起寺

                正確に言うと法起寺近くの溜池から法起寺を望む。

                なので法起寺を参拝しているシーンはないので、

                ここを歩くたった6秒くらいのシーンw

                 

                他にも撮影して採用していないだけって可能性も大いにあるけど、

                結果的に贅沢過ぎるw

                 

                 

                ■唐招提寺

                唐招提寺の前なんかカラオケ行った帰り毎回通ってたんやけどなぁ。

                改めて行くって言うのは変な感じがしつつ…

                 

                ここは境内に入ってますな。なので600円支払って参拝。

                お寺とかに参拝する理由が不純な気がしなくもないけどf^^;

                 

                カメラは固定のまま8秒のシーン。贅沢過ぎるw

                 

                 

                ■法隆寺

                ここはカメラ固定で右にある門から記念撮影までの11秒。贅沢過ぎる。

                 

                この後、奈良公園で寅さんと再会し観光・見送りのシーンになる。

                 

                 

                何が凄いって…

                これだけの為に移動時間だけで往復1時間半かけてる暇な僕f^^;

                仕事と野球以外はひきこもりだった事を考えれば…外に出る事は良い事かなw

                 

                まぁそんなところで次回は…

                京都か滋賀、和歌山のロケ地巡りでって前回も言ったけど、

                結局、奈良だったので、どこになるか…寅さん風に言うと”風の吹くまま”

                 

                ま、僕の思いつきと気分やけどf^^;

                 

                ではヽ(^。^)ノ

                27『浪花の恋の寅次郎』ロケ地巡り ちょっと余談

                2019.01.21 Monday

                0

                   

                  余談ばかりのこのblogのさらに余談。

                   

                  ロケ地巡り 港区、此花区編で触れた生駒からタクシーの件

                   

                  そこでも書いたけどあくまでも演出上のシーンなので、

                  こんな事を書くのもお恥ずかしいのやけど…。

                   

                  現実的に考えた場合

                   

                  生駒市の宝山寺から港区波除までタクシーで行ったのであれば、

                  かなりの遠回りと無駄使いw

                   

                  しかも今みたいに第二阪奈有料道路が開通していた訳ではないから、

                  阪奈道路から現在の中央通り沿いをひたすら西に進み…。

                   

                  やはり生駒駅から近鉄電車で鶴橋、乗換てJR環状線で弁天町まで行くのが理想w

                   

                  しかも、シーンを改めて観ると・・・・さらにおかしい点に気付く。

                   

                  順を追っていくと

                   

                  1.九条方面の分岐を左

                   

                  2.上の続きでJCTを通過し本線に合流

                   

                  3.直線になり大阪城と旧大阪市中央体育館が見える。

                   

                  4.車中で会話して到着

                   

                  これを真面目に考え地図に落とすと…

                   

                  距離があり過ぎて収まらず、ちょっと分かりにくいけど…

                   

                  地図の真ん中にある

                  が1の分岐

                  が2のカーブ

                   

                  右端中腹にある

                  が3の大阪城が見えるストレート

                   

                  左端にある

                  ●が4の到着

                   


                   

                  が信濃橋付近のJCTでが法円坂入口付近。

                   

                  どう考えてもおかしいwww

                   

                  タクシーは奈良からどうやってこのルートを辿ったのか…。

                   

                  百歩譲って難波からタクシーで急ぐ為に高速道路を…って事で、

                  信濃橋入口からJCT→目的地ならまだ理解できる…。

                   

                  そこから後方にある法円坂付近を走行するって事は・・・・

                  一回九条ICあたりで下車し目的地が目と鼻の先にも関わらず、

                  大阪城あたりまで引き返しUターンして法円坂ICで再度高速道路を利用している。。

                   

                  8作目 寅次郎恋歌同様、ぼったくられた疑惑が浮上w

                   

                  しかも今回は距離と時間を考えたら相当な額をぼったくられているw

                  全作細かく調べたらまだまだあるやろうなぁw

                   

                  と、真面目に考える方がどうかしているんやけどもf^^;

                   

                  ついついこう言うのを考えてしまう素直じゃない僕のお話でした。

                   

                  ではヽ(^。^)ノ

                  27『浪花の恋の寅次郎』ロケ地巡り 大阪・新世界編2

                  2019.01.20 Sunday

                  0

                     

                    前回の弟が務めた職場と住んでたアパートシーンの後

                    芸者として出勤する松坂慶子演じるふみの道頓堀のシーンがあり、

                    再び新世界のシーンで旅館にふみが訪れるシーン。

                     

                    本編開始約1:00:03頃でロケ地のシーンはその9分後。

                     

                     

                    ■旅館を後にするふみ

                    生き別れた弟の現在を知って悲しみの中出勤するが早退。

                    寅さんに慰めてもらおうと訪れるも望んだ結果にならなかったのか…。

                    明け方旅館を後にするふみ。

                     

                    この場所の奥の路地は新世界編1で喜介が歩く路地。

                     

                    喜介が旅館を背にして路地を歩いていたのか…w

                    ふみが旅館じゃないところから歩いてきたのか…w

                     

                     

                    ■夜が明けて

                    通天閣から撮影したのは想像できるんやけど…

                    今と昔の景色もさることながらガラスの素材よw

                     

                    あと、何か無駄に多い展示物のせいで窓に近づけず…

                    隙間から精一杯の画像。

                     

                     

                    ■改札へ向かう寅さん。見送る喜介

                    人が途切れるのを待ったのと、とうとう角度が分からず…妥協の一枚。

                     

                     

                    ■去る寅さん

                    時代だねぇ。って思う今昔。

                     

                    階段に手すりが備わり、薄暗く少し汚かった踊り場に

                    点字ブロックも備わり、天井も高く明るくなった。

                    ってビフォーアフターみたいやなw

                     

                    人が途切れる一瞬を逃さず撮影。

                     

                     

                    ■寅さんと別れた後

                    今回、最後にして一番近いアングルで撮れたんじゃなかろうか…。

                    ここも人が途切れるまで待ち…角度が決まらずだったので、

                    この駅入り口での滞在時間が一番長かった様な感じがするw

                     

                     

                     

                    最後二枚の別れ際の二人のやりとり

                     

                    寅さん「ああ、勘定の残りは必ず送るからな」

                     

                    喜介「大阪来たときはまた顔出してや〜」

                     

                    寅さん「母ちゃんと仲良くやれよ」

                     

                    喜介「ああ 寂しなるなぁあの男がおらんようになると」

                     

                     

                    なんかこのやりとり好きw

                     

                    理想と言うか見栄っ張りの部分と言うか粋に格好つけたがる男が描かれている感じw

                    関西弁で言う”えぇかっこしい”かね?男はこうでありたいもんかなぁ。

                     

                    その尻拭いをさせられる女性には女性には大変迷惑なお話だろうと思いつつ、

                    やはり女性の方が強く、いないと男は何もできなかったりするのかなぁ。。

                     

                    で、結局母ちゃんに怒られ柴又まで宿代を取り立てに行くと言うオチがまっているw

                     

                    重ね重ねキチンと現実を生きている女性には良い迷惑なんだろうなf^^;

                     

                     

                    少しそれたけど今回のロケ地巡りのお話はこれで終了。

                    って事で、載せられなかった画像もこれ見たら事足りるまとめ動画↓。

                     

                    次回は…和歌山か滋賀県長浜か…それか京都か…はたまた北陸か…でお会いしましょう。

                     

                    ではヽ(^o^)丿

                    27『浪花の恋の寅次郎』ロケ地巡り 大阪・港、此花区編

                    2019.01.19 Saturday

                    0

                       

                      前回の新世界編1の直後ではないので出てきたシーンを訪問したロケ地で整理すると…。

                       

                      本編開始約30分〜33分 新世界1

                      本編開始約00:33〜00:36 石切神社

                      本編開始約00:42〜00:46 宝山寺1,2

                      今回アップするのが

                      本編開始約00:46〜01:01 港区と此花区。

                      一瞬、宗右衛門町、道頓堀シーンを挟み。

                      その後再び新世界。こんな流れ。

                       

                      でも…新世界1の前に…

                      ・対馬での夢から覚める冒頭のシーン。

                      ・広島県の大崎下島の啖呵売のシーン。

                      ・呉市豊浜町で松坂慶子と出会うシーンがある…。

                       

                      ついで言うと…

                      大阪でのシーンが終わって、対馬に嫁いだ松坂慶子を訪ねるシーンも終盤にある…。

                       

                      全ロケ地制覇は夢のまた夢のお話やね( 一一)

                       

                      途方に暮れているお話ではないので、早速ロケ地巡りのお話。

                       

                      シーンとしては上述したように寅さんとふみが生駒市の宝山寺を観光した後のお話。

                      おお茶を飲みながら生き別れた弟がいる事を聞いた寅さんは「会いに行こう!」となり…

                       

                       

                       

                      ■弟が務めているであろう会社近く

                      また今度書くけど、生駒から高速道路を使ってタクシーで大阪市港区に来たと思われる…。

                      土地勘のある人からすると…無茶苦茶な距離…。

                      生駒から近鉄電車で鶴橋で環状線に乗り換えて弁天町駅からタクシー、

                      生駒から近鉄電車で鶴橋、上本町、難波からタクシーならまだ分かるw

                       

                      ま、緊迫感とか急いでる雰囲気を出す演出でしょうけどw

                      当時第二阪奈有料道路も無かったから、絶対に電車の方が早いw

                       

                       

                      ■弟の会社発見!

                      何が凄いって水回り・左のトタンのドアとかが38年前と変わってないw

                      この何の変哲もない風景に今回は一番興奮したかも♪

                       

                      結局弟に会う事が出来ず…近所の弟が住んでいたアパートに移動する事に…

                       

                       

                      ■弟のアパート…

                      ここちゃいますよw

                      ここからカメラは左にパンし

                       

                      残念ながら建物は変わっておりましたf^^;

                      僕が今住んでるアパートの画像の方が近いかもw

                       

                       

                      ■雰囲気だけ

                      アパート内からのシーンなので雰囲気だけの画像。

                      シーン画像右下にうつる階段は当時のまま。

                       

                       

                      弟の元恋人が泣く後ろに阪神高速の高架が微かに見えるからこの方角。

                      落書きって大変ダサいなw

                       

                       

                       

                      まぁ置いといて…今回はこのあたりで次回は新世界編2。

                       

                      ではヽ(^。^)ノ