面白いアホなDM。

2018.12.27 Thursday

0

     

    twitterのDM機能。フォロワー外からも受信できるようにしているんやけど、

    アホなDMが来たのでネタとして紹介。

     

    初めにきたのは9月。

     

    北海道旅行のツイートか、blogツイートへのリプを頂いたのが始まり。

     

     

    アカウント削除されたみたいだし、

    個人を特定する内容は無さそうなので、

    今回はそのまま晒させて頂くm(_ _)m

     

    送って下さったのは…いや

    送ってきたのは↓こいつ。

    最後のDM直後のスクショ。

    基本的にリプを頂いたら良いも悪いも返信するけど、

    フォロー・フォロワー・ツイート0みたいな捨て垢は基本無視する。

    絡んできたらおちょくる。

     

    今回はこの時点で敵意・悪意を感じなかったから申し訳ないと思いつつ、

    普段やりとりしてる訳でもないし義理もないのでスルー。

     

    すると…リプ直後くらいに一通のDM。

     

     

    ここで感じた違和感は…

     

    ツイッターを始めたばかりとわざわざ言う割には、

    【相手がフォロー等がいない事を気にするのでは】と懸念している点。

     

    純粋にそう思われたのかもしれないけど、

    捨て垢だと警戒する事を知っている。と僕は感じたので、

    「やり始めたばかり」ってのは嘘じゃないか?と予想。

     

    このアカウントだけの事を仰ったとしても、

    「ワタシ、アヤシク、ナイヨ」と言う奴は怪しいw

     

    それを突っ込む事もしないけど怪しさしか感じなかったので、

    申し訳ないと思いつつ迷惑メールを無視する感覚で無視。

     

    すると何を思ったか約一ヶ月半後にまたDM。

     

    【あなたって友達居ますか?】

     

    急にテーマが大きくなり受け止めれきれんw

     

     

    友達なぁ。。どこからどこまでを友達と言うのかなぁ。

    相手はそう思ってないかもやしなぁ。

     

    なんて思った訳ではないけど、ここで仲の良いフォロワーさんに相談。

    「無視が一番」と背中を押してくれたのと、この方に「友達いません」って

    カミングアウトする義理もないので無視。

     

    twitter初めて1ヶ月半でフォロー・フォロワー・ツイートは相変わらず0の不気味さ。

    ここで完全に捨て垢と断定。

     

    てかここで「相手されていない」「してくれない」と感じられない空気の読めなさw

     

     

    それから約2週間後にまたDM

     

     

     

    【かわいそうな人なんですね】

     

    ”同情するなら金をくれ”と言いたくなるのを抑えて無視。

     

    ここで面白くなりさらに数名のフォロワーさんと共有。

    「晒したら?」と言って頂くも、まだもう少し何か来るかも。

    って直感があったので我慢。

     

    ちなみにまだ、フォロー・フォロワー・ツイートも0。

     

    ”僕だけの為に”とは言わんけど、DM送る為だけの捨て垢と認定。

     

     

    するとさらに8日後。

     

    長いので転記しないし突っ込みどころが満載なのだけども…

     

    まずこの方はクリスマス・イブの24日日曜日の晩。

    なんならクリスマスになろうとしている時間帯に何してんねんww

    僕なんかにDM送らんと他にする事はなかったんかいなw

     

    一個前の

    【かわいそうな人なんですね】がクリスマス・イブに虚しく響く…。

     

    相変わらず、フォロー・フォロワー・ツイート0って事は・・・

     

     

    大して攻撃にもなってないけど…それをする為に

     

    わざわざ僕の日々のツイートを探して読んでたの?w

    通知設定オンにして呟く度に確認していたの?w

    リストに入れてチェックしてたの?w

     

    僕の日々のツイートを読んで、わざわざ評してDM送る…

    ストーカーかよwどんだけ暇やねんw

     

    もし違うなら

    まとめて読んだ事を「あなたの事わかってますよ」って言いたくて

    「日々」って言葉を使ったのかな?

     

    それか…

    大掃除で厄介な物を言いたかったのなら・・・【カビ】

    のび太の苗字を言いたかったのなら・・・・・【野比】

    松田聖子の一世を風靡した流行語なら・・・【ビビビ】

     

    朝ドラが生んだ流行語なら・・・【じぇじぇじぇ】これは韻を踏んでないかf^^;

     

     

    まぁいずれにせよ、

    スルーされている相手のツイートをチェックし何度も何度もDMを送ってくる…

     

    二個前の

    【友達いますか?】と人に尋ねる前に自問自答して頂きたいw

     

     

     

    真面目に答えて”あげる”としたら…

     

    人様がそう評したらそれも僕の一面なんでしょうなぁ。

     

    オーバーに言うと…

    「行蔵は我に存す。毀誉は他人の主張。我に与からず。我に関せずと存控」

     

    そう思っているからなぁ。って程度。

     

    残念ながらこの内容はクリスマス・イブに響かなかったw

     

    僕の周りにいてくれる方が弱いか強いかは置いておいて、

    ”思い通りに動かしてる”ってのはお褒めの言葉なのかな?

     

    攻撃したかったのなら

    「あなたは思い通りに動かしてるつもりでも相手は付き合ってるだけですよ」とか

    「裸の王様って事に気付かないんですか」の方がまだ効果的w

     

    と、言われたとて

    思い通りに動かないと感じる時の方がもちろん多く、それで当然やし、

    人様に動かされていると思う時も、そうしている時もあるし…。

     

    そもそも「思い通りに動いてる」なんて、わざわざ思う人っているんかなw

     

    あと別に、

    周りの事を見てますよ!

    周りの為に動いてますよ!

    なんて日々のツイートで言った事がない、

    僕ってローマ法王とかマザー・テレサくらいに思われてるの?w

     

    全て自分の為にやってる事であって、

    その結果人様の為になったり喜んだりすればラッキー。

    くらいな考えしかもってないけど…。

     

    周りの為、人様の為…なんてどんだけ烏滸がましいねんw

     

    周りの事なんか見てる余裕なんてねぇわw

    最低限人様に迷惑かけない様にだけ。

     

     

    この方は…

    無視され相手にされていないと言う自身の事も

    他人の事も見えてないのでしょうかねf^^;

     

    結局この方、内容も含めツイートした瞬間アカウント削除したけど…

    って事は、やはり通知設定をオンにしてたのかな?w

     

    そう思われても仕方がない行動なので…大変、気持ち悪いw

     

    そんなネットストーカーからDMもらったお話。ではヽ(^。^)ノ

     

    まぁblogのネタを提供してくれたので感謝m(_ _)m

     

     

     

     

     

    余談やけど…

    このコントロール悪いがごとく見当外れでピントのズレた文面とKYな感じ…

    自称”神”の奴に似ていると言われたら似てるw

    って、とばっちりかm(_ _)m

    32 口笛を吹く寅次郎 ロケ地巡り 高梁市編5

    2018.12.24 Monday

    0

       

      前回は【中井貴一が杉田かおるに別れの電話をかけた】ところまで。

       

      まず一気に画像だけ載せときます。

       

      ■走る1

       

       

      ■走る2

       

       

      ■踏切1

       

       

      ■中井貴一の乗った電車が来た!

       

       

      ■踏切2

       

      突然の電話に慌てて家を飛び出し踏切までダッシュで向かう杉田かおる。

       

      地図上だとこんな感じ↓

      途中、近道なのか路地に入るシーンがあるけど、

      この路地なのかは微妙やけど、まぁこんな感じ。

      約450メートル徒歩で6,7分の距離。

       

       

      実際は…

      電車を確認した踏切と最後電車を見送った

      踏切2の場所を追加すると…↓↓

      右下の【踏切2】自宅から約150メートル徒歩2分の距離。

       

      中井貴一から突然の別れを伝えられパニックになって、

      「うおぉぉー」と走りだしたものの、ふと冷静になり、

      「ここで待たんでも良いやん」とそこで待っとけば良いのに、

      何故か450メートルの距離を引き返したきた。

       

      こんなところかなw

       

      いや、

      前回の中井貴一の電話の最後のセリフ「電車来たけん」てな感じで飛び乗った流れを考えると…

      往復約1キロの距離を世界記録ベスト10入りするくらいの速さで走った事になる…w

      しかも一旦休憩して。

       

      そもそも「東京行くけん」って電車に乗ったって事は岡山駅に向かうはず…。

      そう考えると電車の進行方向は逆な気もするけど、中井貴一はどこに向かったんやろf^^;

       

      決して作品を愚弄してませんw

      これも作品とロケ地巡りの楽しみ方の一つ。

       

       

      そんなこんなで別れがあったあと、もう一つ寅さんと竹下景子の別れ…。

       

       

      ■寅さんが去った後

      寅さんがやっていた庭の手入れを竹下景子がやっている…寂しげなシーン。

      広かったお庭も色んな石碑や石像の加減で狭く感じる現在でした。

       

       

      今回、選別したとは言え枚数が多すぎて5回にわけたロケ地巡り高梁市編。

      あいかわらずこれで事足りるまとめ動画↓↓

       

       

      朝8時前から12時頃まで、ロケ地周辺を巡ったけど、

      旧有漢村エリア→真庭市→津山→龍野と訪れたかったせいか、

      駆け足での訪問となった10月21日のお話でした。ではヽ(^。^)ノ

      はっきりとすっきり

      2018.11.22 Thursday

      0

         

        久し振りにうちのFAMILY HISTORY続き続き続き続きの続き。

         

        オカンが実際に通ったかどうか、その当時の資料が消失し落胆をしていたら

        肝心なところで確信をつかめない…ところまで聞きました。

        今回で回想禄は一旦終了で、次回はオカンの生誕地である有漢に訪れた話。

         


        ■二つ目の駆け込み”寺”

        落胆しているとご住職の奥様が「旧姓はなんと仰るの?」と。

         

        ここである事を思い出す。

         

        大分は僕の会った事のない祖父の田舎で、そこに住んでたと言うものの、

        祖父は祖母に婿養子に入ったので、実家に住んでながら祖母の姓での生活をしてた。

        僕が電話で聞いた名前はオカンの旧姓、つまり祖母の苗字。

         

        念の為祖父の旧姓をお伝えしたところ…

        「あ〜〇〇さん。その苗字の方でしたら寺から5分程の■■と言う地区に昔から住んでますよ」

         

        ????

         

        個人情報の観点でその住んでおられる方の詳しい事は聞かなかったけど、

        オカンの記憶【子供ながらに幼稚園が近いと感じた】にも一致する…。

         

        オカンが3,4歳頃から5歳くらいまで住んでいたのはここで間違いないだろう。と

        確信し、奥様に御礼を言って電話を切る。

         

        信仰心もないし、うちの宗派すら分からないけど、

        改めてお寺のコミュニティは凄い文化だと思った二つのお寺。

         

         

        ■伯父の記憶と一致?

        6歳くらいまで住んでたであろう【有漢村】の記憶がほぼなく、

        失礼ながらお世辞にも役にたたなかった伯父さんに、

        さすがに小学校の記憶はあるだろうと大分の話を聞こうと電話。

         

        伯父さんの記憶…一言「覚えてない」・・・・。

        もう60年近く前のお話。記憶に無いものかなぁ。と困ってたら、

        しきりに「びわの木」「びわの木の前を通った」「びわを採った」

         

        やはり当てにならない伯父さん。

         

        でもこれが後でキーになる。

         

         

        ■報告

        オカンから散々「お寺に電話するのは止めてくれ」と言われたけど、

        それを無視して電話した事、伯父さんの記憶の結果を報告。

         

        怒られるかと思ったけど意外と怒られず…

         

        通ってた幼稚園・お寺、アイスキャンディ屋さんがあった事、

        オカンの父(僕の祖父)の親類と思われる方が今も住んでる事、

        それが幼稚園から5分ほどの距離で橋を渡りアイスキャンディ屋さんを通る事。

        あと、伯父さん一押し?の「びわの木」・・・これはオカンもスルー。

         

        これらを可能な限り、ストリートビューをスクショして送信。

         

        整備されてアスファルトにもなり、昔と変わっているのか、

        やはりオカンは鮮明に覚えていなかったものの、オカンがある物を発見する。

         

         

        お察しの通り【びわの木】

         

        これが伯父の言うそれにあたるのかは不明やし、

        当時からの物が残ってるとも思えないけど、偶然にしては出来過ぎ。

         

        それにここまで調べた僕より、伯父に全てを持っていかれた気がして…何かイヤw

         

        それでも伯父が6〜7歳頃、オカンが3,4〜5歳頃を過ごした。

        さらには、会った事のない祖父の生まれ育った場所がほぼ判明したと思える。

         

        あとは現地に行って実際にその住んでおられるかたに聞いたり調査したいところやけど、

        祖父母は離縁しているので、オカンは「それだけは絶対アカン」と言う…。

         

        でも訪れたいとは言っているので、その内大分県を訪れる。

         

         

        今回、紆余曲折したもののネットより、やはり人様の情報がより確かで安心できる。

        その反面、人の記憶が曖昧でネットで現物が見れる便利さ正確さ両局面を見た気がする。

         

         

        長々とお付き合い頂いた方ありがとうございました。

         

        次回は実際に訪れた旧有漢村のお話。

         

        ではヽ(^。^)ノ

        [親睦]2018年11月04日(日)対ストラッグルズ戦

        2018.11.18 Sunday

        0

           

          scrapers 10 - 0 ストラッグルズさん

          [勝]隆晟 6勝1敗2S

           

          急きょ欠席にしてすみませんねぇ。

          また更新遅くなりすみませんねぇ。

           

          てな訳で11月4日、ぬかりなく試合出来たみたいで良かった♪

           

          細かい話は聞いてないので、なんとも言えませんが、

          僕の悪口言ってた奴は聞いてますw

           

          冗談さておき、失策なしの完封勝利ってのが素晴らしいねヽ(^。^)ノ

           

          そんなところかな。では。

          警視庁判断

          2018.11.14 Wednesday

          0

             

            11月13日の産経新聞の記事

             

             

            今年の春、SNSから社会問題に発展したタックル問題。

             

            当時のバッシングの矛先はタックルした選手から、

            その選手が会見した事により、一気に監督とコーチのバッシングに変わり、

             

            その内容も【指示したか否か】から

             

            普段の言動やら、コーチの過去の話・プライベートな部分まで晒され、

            前監督は悪だー!クソだー!と大部分が批判的な意見に流されていた気がする。

             

            半年経って警視庁が【危険タックルの指示はなし】と結論付けたけど…

            当時「監督が指示した!」って極悪人かの様に決めつけてバッシングした人ってどうするんやろ。

            僕なら、根に持つから片っ端から名誉棄損で訴えるかなぁw

             

            まぁ僕はと言うと5月2425日と2回blogに書いておりました。

             

            明大ラグビー部の元主将の後輩君からの意見が大いに参考になったからやけどf^^;

             

            悪人だと決めつけなくて良かったぁw

            ただそれだけが言いたいだけw

             

             

            やはりこの世界で【潰せ】ってのは一般的に鼓舞する為に使われていると警視庁が判断し、

            選手も会見で言ってた様に【危険タックルの指示はなかった】って証言をそのままし、

            他の関係者からの調書も取った。と記事にはあるから、他もそう証言したんだろうなぁ。

             

            なので僕が思う結論としては、

            当初前監督の【指導・指示が受け取り側とのかい離があった】って発言は、

            ラグビーやアメフトの世界では使われる日常会話であり、間違いでは無く、

            試合終了後に【俺が指示した事にしろ】と責任を取ろうとしていた。

             

            と思えるからやはりそこまで前監督を悪人とは思えません。

             

             

            前も書いた通り、

             

            野球でも「攻めていけ!」って言うてホンマに攻撃する奴はおらん。

            あくまでもルールの範囲内での話と認識する。

             

            普段でも「はよ来い!」「遅刻すんな!」って言うて、

            スピード違反・信号無視・ひき逃げしてまでする奴おらんでしょ?って話。

            万が一して「はよ来い」って言われたからなんて言われたら世の中壊れるよ?w

             

            まぁ「スピード違反等法を犯さない程度に10分前行動を心掛けて遅刻しないように」

            と、言ってあげるのが丁寧で良いんだろうけど、

            こう言われたら「バカにすんな」って逆に怒られる気もするけどw

            常識・法律の範囲内で、その世界には独自の言葉があるんでしょう。

             

             

            まぁこれまた前に書いた様に、

            危険タックルをするくらいの精神状態。を見逃したのは非だったかもね。

             

            ま、それでも辞職して責任を取ったんだから。

             

            あとは被害者学生が元気にプレーに復帰して活躍している事を祈るだけ。

             

            ではヽ(^。^)ノ

            お前に心配されんでも…

            2018.10.31 Wednesday

            0

               

              と、言われそうなお話。

               

               

              先日、何がキッカケが分からんけどふと小学生の頃の話を思い出した。

               

              小5の時の話と記憶していたけど後に分かったのは小6の可能性が高い。

               

              主な登場人物としては…主人公のA子。そしてH子とY子。

               

              学級委員長だったので教壇で司会みたいな事をしていた僕。

              その日は【A子が仲間外れにされている】みたいな議題。

               

              何でそんな話をする事になったのかは覚えていないけど、

              元々は仲の良かったH子・Y子からA子が仲間外れにされて、

              ちょっとしたイジメみたいな?事が勃発していたのかな?

              それで担任が皆で話し合えと言ったのか…までは覚えていないけど、

              何れにせよ急に仲間外れにされてたのが僕の印象・記憶。

               

               

              僕の記憶の中のキャラとしては…

              A子は、ガリ勉タイプだけど明るくハッキリした子

              H子は、運動神経が良くて活発で勉強も出来る子

              Y子は、清楚な優等生でモテる子

               

              こんなイメージ。ちなみに僕が好きだったのはH子。

               

              とまぁそれは置いといて。

               

               

              学級会で色んなやりとりが進む中で…

               

              【A子の目つきが悪くて怖い】と誰かが言い出した。

               

              それキッカケかは覚えてないけど、今まで全く関係のなかった男子も

              【A子擁護派】【H,Y子擁護派】の図式になり当の三人は俯いているだけ…。

               

              で、A子が「私目が悪いから目を細めて…」みたいな事を言った。

               

              ってところまで記憶に残っている。

               

              その後どうなって、どう言う結末を迎えたのか、

              担任は何をしてたのか…がすっぽり抜けてるんやけど、

              結局、A,H,Y子は仲直りして普通に小学校を卒業したはず。

               

              A子は私立の中学校へ進学、

              H子は確か、転校したはず…。

              Y子は親の都合で福岡へ小学校卒業と同時に転校。

               

              僕も中2の時に奈良に越してきたからそれ以降の話は知らんけど、

              僕がA子の立場ならトラウマになって一生立ち直れへんかも知れん。。

               

              で、A子ってその後大丈夫やったんかなぁ。って…

              ひょっとして荒れに荒れて良からぬ方向へ進んでないかなぁとか、

              暗い人生を歩んでしまっているのではないか…

              と、ふと気になったので同じクラスで唯一連絡先を知ってたS君に電話。

               

               

              「あーあいつR高校→同大学→某大手鉄道会社で今も働いてるし、たまに会うで」

               

               

              ・・・・・・・・・・・・・・・・

               

               

              ・・・・・・・・・・・・・・・・

               

               

              むっちゃエリートやん。

              僕が心配する事ではなかったみたいf^^;

               

              確実に「お前に心配されたくないわ。目細すぎんねんボケ」って言われそうやから、

              この電話は内密にしてくれとだけお願いし電話を切った…。

               

               

              そんな、ちびまる子ちゃんみたいなお話。ではヽ(^。^)ノ

              絵文字機能が無くなった。

              2018.10.09 Tuesday

              0

                 

                普段から大して使う事がないから良いっちゃ良いねんけど…

                 

                このblogの絵文字機能が5月末で終了していた。ってお話。

                 

                何の面白みもないこの駄文には大変重宝していたので、

                ないとなると質素と言うか…淡々となってしまうから、

                顔文字なんてのを入れようと思うけど何かなぁ。

                 

                 

                いつも【では】の後に付けていた絵文字でテンションを表していたから、

                特にそれは困るf^^;

                 

                 

                ってそれだけのお話なんやけど…

                 

                んー

                LINEとかメールで絵文字って使います??

                 

                「絵文字が無いから怖い」って言われてから使う様に意識していたけど、

                どのタイミングで、どの絵文字を使って良いのかイマイチ分からん。

                 

                あーでもTwitterでは使う様に心掛けているかなーやっぱ冷たくなるし…。

                 

                 

                やっぱり広がるお話でもないので、この辺りで・・・・では。

                 

                 

                 

                って話を書いたのが6月11日。

                非公開のまま放置されていたのでこのタイミングでアップf^^;

                 

                 

                Aさんの話。その2

                2018.10.02 Tuesday

                0

                   

                  二ヶ月前に書いて放置していたお話w

                   

                  前回は怪しくなってこちらかテレビ局に電話をした。

                  ってところまで書きましたが、その続き。

                   

                   

                  今度は女性から電話を頂き同じ質問…。

                   

                  内容に問題が無かったみたいでそのまま、

                  電話インタビューの録音準備します。と言われ、

                  一旦電話を切って10分後着信。

                   

                  あれって違う人が同じ質問2,3回する事によって、

                  話にズレがないかを確認してるんかな?

                   

                  正直面倒くさいけど、先方からしたら僕が本当の事言っているとも限らんしなぁ。

                   

                  注意点として

                  [質問途中で相槌禁止][使わないかも知れません]

                  そう言われていざ録音。

                   

                  普段、早口+滑舌が悪いので・・

                  精一杯ゆっくり話し

                  精一杯低音ヴォイスをだして、

                  精一杯の標準語で答えて10分経たないくらいで終了。

                   

                  使うとなれば18時頃の全国放送のニュースと言われたのでスマホで視聴…。

                   

                  顔が映ってる訳でもないのにあの緊張感って半端ないねw

                   

                   

                  その関連のニュースになり・・・

                  映像中ナレーションが『Aさんによると』と言った一瞬間に僕の声…

                   

                  精一杯ゆっくり話した努力が実を結び、

                  精一杯低音ヴォイスは中途半端な声色となり、

                  精一杯の標準語はただの関西弁で終わり…。

                   

                  改めて顔とか映ってる訳でもないのに…あの恥ずかしい感じ…。

                  まぁ一瞬の出来事やから、知人が見ていてもあれが僕とは分からんやろうけど…w

                   

                  もうあの緊張感と恥ずかしい感じは嫌やなw

                   

                  しかし犯罪者でAさんとならなかっただけマシかなf^^;

                   

                   

                  あ、あと後からこの件を話していて思ったのは、

                  インタビュアーの方、巧みな誘導尋問やったなぁと。

                   

                  番組上ではあたかも自発的に僕が思った感想・印象の様に放送されていたけど、

                  実際は物凄く細かく具体的に導かれる様な質問やった気がするf^^;

                   

                  あとは時間の都合とかあるんやろうけど、言葉の切り取りと順番がテレコね。

                  前後の言葉が無いと意味合い変わってくるんやけどなぁ。

                   

                  でもあれされたら、どんな証言にでも変えられるねf^^;

                  違う事案に使う事だって出来るもんなぁ。

                   

                  よく政治家さんがされている切り取りなんかも超簡単に出来るねf^^;

                   

                   

                  最後まで何の番組やったかは伏せるけど、

                  なかなか出来ない経験を夏前に出来たお話。

                   

                  では(*^_^*)

                  真実はいつもひとつ!のアニメ。

                  2018.09.29 Saturday

                  0

                     

                    幼少の頃我が家は【アニメ禁止】のルールだったからか、

                    あんまりアニメ・漫画に興味がない。

                     

                    とは言いつつ、

                    『ドラゴンボール』『ドカベン プロ野球編』『金田一少年の事件簿』は見たかなぁ。

                     

                    大人になってからは『名探偵コナン』は比較的好き。

                     

                    で、コナンの話。

                     

                    これで一番好きなのはFBIの赤井秀一と公安の安室透とのバトル。

                    なかなか緊張感があって面白い。

                     

                    こないだも書いた様に【赤と黒のクラッシュ】と【緋色の〜】は本当に面白い。

                     

                    と、そんな事が書きたかったのではなく…

                     

                    コナンも毛利小五郎も事件・現場に遭遇しすぎなのは、

                    作中でも自虐的に書かれているので良いとして・・・

                     

                    警察の人間がコナンに対して「死神だねぇ」って言う下りがあるの笑える。

                    小学一年生の子供に向かって言う言葉かよw

                     

                    あと警察とFBI、部外者に情報漏えいしすぎw

                     

                    ついでに、細かい説明の独り言多すぎw

                     

                    眠りの小五郎の口元が動いてない事すら見抜けない警察に

                    事件が解決できるとは思えない…。

                     

                     

                    ま、それもコナンの面白いところではあるけど。

                     

                    ただそれだけのお話ですが何か問題でも?

                    5『男はつらいよ 望郷編』ロケ地巡り 浦安編3

                    2018.09.27 Thursday

                    0

                       

                      今回も1970年公開の

                      『男はつらいよ 望郷編』ロケ地巡り浦安編

                       

                      前々回で 銑ぁ前回でキを書きました。

                       

                      ●作品の流れ

                      ,気らが歩く川沿い【境川西水門付近】

                      △気らが道を訪ねる【猫実の庚申塔】

                      F劼働く豆腐屋さん【堀江フラワー通り付近】

                      い気らと節子が挨拶する【堀江フラワー通り付近】

                      テ劼さくらを送る途中【境橋】

                      Δ気らと寅が別れる【浦谷町役場跡付近】

                      -----------------------------------------------

                      今回は↓↓

                      Ц燦が啖呵売をする【正福寺】

                      ┻師船の停泊シーン【境川東水門付近】

                       

                      ●訪れた順番は・・・

                       

                       

                      Ц燦が啖呵売をする【正福寺】

                      実際はもう少し前で撮っているんだろうけど…。

                      雨をしのぐ為に向かいの屋根の下から横着した画像。

                      今でも作中みたいに縁日で賑わうことがあるかな。

                       

                       

                      外壁が変わりすぎているので、本当ここなのかは自信がないf^^;

                      なのでコメントも特にないw

                       

                       

                      ┻師船の停泊シーン【境川東水門付近】

                      ラストでございます。

                      西なのか東なのか分からず…喫茶店のマスターが「西だ!」と言った水門。

                       

                      堀江フラワー通りを訪れたあと”西”に向かうつもりで川沿いを歩いておりました。

                      目的地は前回の【Ρ紺堕役場跡】を経由して冒頭の【ゞ川西水門】のシーン。

                       

                      雨の中歩けど歩けど【浦安町役場跡】が出て来ず…歩くこと15分。

                      とうとう水門まで到着…。僕の想像した水門の景色は前々回の↓

                       

                      全く違う景色に困惑して誰かに聞こうにも雨で人がおらず…。

                      やった見つけた犬の散歩中のオバ様に、倍賞千恵子が映ってる西水門の画像を見せて、

                      「ここですか?」と聞くと、あっさり「こっちは東門ですよ」と…。

                       

                      西に向かってたはずが逆方向に来てた…。

                       

                      でもまぁせっかく東水門に来たので、

                      ついでに喫茶店のマスターが「西だ!」と言った画像を見せて伺うと…

                      「自信はないけど東水門のはずですよ」と仰った。。

                       

                      そこから撮影当時のお話をして頂き、

                      最終的には僕が持っていた傘が小さかったのを見て、

                      「私の傘持っていきますか?」と気遣って頂き…

                      「修学旅行で奈良に行った」って話をf^^;

                       

                      何だかんだで20分くらいお話ししました。

                       

                      で、話を戻して結果的には不幸中の幸いではあったけど…

                      元々は△慮紊頬れきキΝ┃→浦安駅と効率よく巡るつもりが…

                      まぁこれも旅の醍醐味なんでしょうが…。なんせ雨、、、。

                       

                      オバ様に別れを告げ、来た道を戻り歩くこと17分。

                      【浦安町役場跡】に到着した時には相当やる気が無かったw

                      全ての予定をキャンセルしてこのまま奈良に帰ってやろうとも思ったf^^;

                       

                       

                      とまぁ紆余曲折ありながら、当初の予定から大幅に遅れながら浦安を巡ったお話でした。

                       

                      では。また近いうちに会いましょう。