[親睦]2018年11月04日(日)対ストラッグルズ戦

2018.11.18 Sunday

0

     

    scrapers 10 - 0 ストラッグルズさん

    [勝]隆晟 6勝1敗2S

     

    急きょ欠席にしてすみませんねぇ。

    また更新遅くなりすみませんねぇ。

     

    てな訳で11月4日、ぬかりなく試合出来たみたいで良かった♪

     

    細かい話は聞いてないので、なんとも言えませんが、

    僕の悪口言ってた奴は聞いてますw

     

    冗談さておき、失策なしの完封勝利ってのが素晴らしいねヽ(^。^)ノ

     

    そんなところかな。では。

    警視庁判断

    2018.11.14 Wednesday

    0

       

      11月13日の産経新聞の記事

       

       

      今年の春、SNSから社会問題に発展したタックル問題。

       

      当時のバッシングの矛先はタックルした選手から、

      その選手が会見した事により、一気に監督とコーチのバッシングに変わり、

       

      その内容も【指示したか否か】から

       

      普段の言動やら、コーチの過去の話・プライベートな部分まで晒され、

      前監督は悪だー!クソだー!と大部分が批判的な意見に流されていた気がする。

       

      半年経って警視庁が【危険タックルの指示はなし】と結論付けたけど…

      当時「監督が指示した!」って極悪人かの様に決めつけてバッシングした人ってどうするんやろ。

      僕なら、根に持つから片っ端から名誉棄損で訴えるかなぁw

       

      まぁ僕はと言うと5月2425日と2回blogに書いておりました。

       

      明大ラグビー部の元主将の後輩君からの意見が大いに参考になったからやけどf^^;

       

      悪人だと決めつけなくて良かったぁw

      ただそれだけが言いたいだけw

       

       

      やはりこの世界で【潰せ】ってのは一般的に鼓舞する為に使われていると警視庁が判断し、

      選手も会見で言ってた様に【危険タックルの指示はなかった】って証言をそのままし、

      他の関係者からの調書も取った。と記事にはあるから、他もそう証言したんだろうなぁ。

       

      なので僕が思う結論としては、

      当初前監督の【指導・指示が受け取り側とのかい離があった】って発言は、

      ラグビーやアメフトの世界では使われる日常会話であり、間違いでは無く、

      試合終了後に【俺が指示した事にしろ】と責任を取ろうとしていた。

       

      と思えるからやはりそこまで前監督を悪人とは思えません。

       

       

      前も書いた通り、

       

      野球でも「攻めていけ!」って言うてホンマに攻撃する奴はおらん。

      あくまでもルールの範囲内での話と認識する。

       

      普段でも「はよ来い!」「遅刻すんな!」って言うて、

      スピード違反・信号無視・ひき逃げしてまでする奴おらんでしょ?って話。

      万が一して「はよ来い」って言われたからなんて言われたら世の中壊れるよ?w

       

      まぁ「スピード違反等法を犯さない程度に10分前行動を心掛けて遅刻しないように」

      と、言ってあげるのが丁寧で良いんだろうけど、

      こう言われたら「バカにすんな」って逆に怒られる気もするけどw

      常識・法律の範囲内で、その世界には独自の言葉があるんでしょう。

       

       

      まぁこれまた前に書いた様に、

      危険タックルをするくらいの精神状態。を見逃したのは非だったかもね。

       

      ま、それでも辞職して責任を取ったんだから。

       

      あとは被害者学生が元気にプレーに復帰して活躍している事を祈るだけ。

       

      ではヽ(^。^)ノ

      お前に心配されんでも…

      2018.10.31 Wednesday

      0

         

        と、言われそうなお話。

         

         

        先日、何がキッカケが分からんけどふと小学生の頃の話を思い出した。

         

        小5の時の話と記憶していたけど後に分かったのは小6の可能性が高い。

         

        主な登場人物としては…主人公のA子。そしてH子とY子。

         

        学級委員長だったので教壇で司会みたいな事をしていた僕。

        その日は【A子が仲間外れにされている】みたいな議題。

         

        何でそんな話をする事になったのかは覚えていないけど、

        元々は仲の良かったH子・Y子からA子が仲間外れにされて、

        ちょっとしたイジメみたいな?事が勃発していたのかな?

        それで担任が皆で話し合えと言ったのか…までは覚えていないけど、

        何れにせよ急に仲間外れにされてたのが僕の印象・記憶。

         

         

        僕の記憶の中のキャラとしては…

        A子は、ガリ勉タイプだけど明るくハッキリした子

        H子は、運動神経が良くて活発で勉強も出来る子

        Y子は、清楚な優等生でモテる子

         

        こんなイメージ。ちなみに僕が好きだったのはH子。

         

        とまぁそれは置いといて。

         

         

        学級会で色んなやりとりが進む中で…

         

        【A子の目つきが悪くて怖い】と誰かが言い出した。

         

        それキッカケかは覚えてないけど、今まで全く関係のなかった男子も

        【A子擁護派】【H,Y子擁護派】の図式になり当の三人は俯いているだけ…。

         

        で、A子が「私目が悪いから目を細めて…」みたいな事を言った。

         

        ってところまで記憶に残っている。

         

        その後どうなって、どう言う結末を迎えたのか、

        担任は何をしてたのか…がすっぽり抜けてるんやけど、

        結局、A,H,Y子は仲直りして普通に小学校を卒業したはず。

         

        A子は私立の中学校へ進学、

        H子は確か、転校したはず…。

        Y子は親の都合で福岡へ小学校卒業と同時に転校。

         

        僕も中2の時に奈良に越してきたからそれ以降の話は知らんけど、

        僕がA子の立場ならトラウマになって一生立ち直れへんかも知れん。。

         

        で、A子ってその後大丈夫やったんかなぁ。って…

        ひょっとして荒れに荒れて良からぬ方向へ進んでないかなぁとか、

        暗い人生を歩んでしまっているのではないか…

        と、ふと気になったので同じクラスで唯一連絡先を知ってたS君に電話。

         

         

        「あーあいつR高校→同大学→某大手鉄道会社で今も働いてるし、たまに会うで」

         

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・

         

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・

         

         

        むっちゃエリートやん。

        僕が心配する事ではなかったみたいf^^;

         

        確実に「お前に心配されたくないわ。目細すぎんねんボケ」って言われそうやから、

        この電話は内密にしてくれとだけお願いし電話を切った…。

         

         

        そんな、ちびまる子ちゃんみたいなお話。ではヽ(^。^)ノ

        絵文字機能が無くなった。

        2018.10.09 Tuesday

        0

           

          普段から大して使う事がないから良いっちゃ良いねんけど…

           

          このblogの絵文字機能が5月末で終了していた。ってお話。

           

          何の面白みもないこの駄文には大変重宝していたので、

          ないとなると質素と言うか…淡々となってしまうから、

          顔文字なんてのを入れようと思うけど何かなぁ。

           

           

          いつも【では】の後に付けていた絵文字でテンションを表していたから、

          特にそれは困るf^^;

           

           

          ってそれだけのお話なんやけど…

           

          んー

          LINEとかメールで絵文字って使います??

           

          「絵文字が無いから怖い」って言われてから使う様に意識していたけど、

          どのタイミングで、どの絵文字を使って良いのかイマイチ分からん。

           

          あーでもTwitterでは使う様に心掛けているかなーやっぱ冷たくなるし…。

           

           

          やっぱり広がるお話でもないので、この辺りで・・・・では。

           

           

           

          って話を書いたのが6月11日。

          非公開のまま放置されていたのでこのタイミングでアップf^^;

           

           

          Aさんの話。その2

          2018.10.02 Tuesday

          0

             

            二ヶ月前に書いて放置していたお話w

             

            前回は怪しくなってこちらかテレビ局に電話をした。

            ってところまで書きましたが、その続き。

             

             

            今度は女性から電話を頂き同じ質問…。

             

            内容に問題が無かったみたいでそのまま、

            電話インタビューの録音準備します。と言われ、

            一旦電話を切って10分後着信。

             

            あれって違う人が同じ質問2,3回する事によって、

            話にズレがないかを確認してるんかな?

             

            正直面倒くさいけど、先方からしたら僕が本当の事言っているとも限らんしなぁ。

             

            注意点として

            [質問途中で相槌禁止][使わないかも知れません]

            そう言われていざ録音。

             

            普段、早口+滑舌が悪いので・・

            精一杯ゆっくり話し

            精一杯低音ヴォイスをだして、

            精一杯の標準語で答えて10分経たないくらいで終了。

             

            使うとなれば18時頃の全国放送のニュースと言われたのでスマホで視聴…。

             

            顔が映ってる訳でもないのにあの緊張感って半端ないねw

             

             

            その関連のニュースになり・・・

            映像中ナレーションが『Aさんによると』と言った一瞬間に僕の声…

             

            精一杯ゆっくり話した努力が実を結び、

            精一杯低音ヴォイスは中途半端な声色となり、

            精一杯の標準語はただの関西弁で終わり…。

             

            改めて顔とか映ってる訳でもないのに…あの恥ずかしい感じ…。

            まぁ一瞬の出来事やから、知人が見ていてもあれが僕とは分からんやろうけど…w

             

            もうあの緊張感と恥ずかしい感じは嫌やなw

             

            しかし犯罪者でAさんとならなかっただけマシかなf^^;

             

             

            あ、あと後からこの件を話していて思ったのは、

            インタビュアーの方、巧みな誘導尋問やったなぁと。

             

            番組上ではあたかも自発的に僕が思った感想・印象の様に放送されていたけど、

            実際は物凄く細かく具体的に導かれる様な質問やった気がするf^^;

             

            あとは時間の都合とかあるんやろうけど、言葉の切り取りと順番がテレコね。

            前後の言葉が無いと意味合い変わってくるんやけどなぁ。

             

            でもあれされたら、どんな証言にでも変えられるねf^^;

            違う事案に使う事だって出来るもんなぁ。

             

            よく政治家さんがされている切り取りなんかも超簡単に出来るねf^^;

             

             

            最後まで何の番組やったかは伏せるけど、

            なかなか出来ない経験を夏前に出来たお話。

             

            では(*^_^*)

            真実はいつもひとつ!のアニメ。

            2018.09.29 Saturday

            0

               

              幼少の頃我が家は【アニメ禁止】のルールだったからか、

              あんまりアニメ・漫画に興味がない。

               

              とは言いつつ、

              『ドラゴンボール』『ドカベン プロ野球編』『金田一少年の事件簿』は見たかなぁ。

               

              大人になってからは『名探偵コナン』は比較的好き。

               

              で、コナンの話。

               

              これで一番好きなのはFBIの赤井秀一と公安の安室透とのバトル。

              なかなか緊張感があって面白い。

               

              こないだも書いた様に【赤と黒のクラッシュ】と【緋色の〜】は本当に面白い。

               

              と、そんな事が書きたかったのではなく…

               

              コナンも毛利小五郎も事件・現場に遭遇しすぎなのは、

              作中でも自虐的に書かれているので良いとして・・・

               

              警察の人間がコナンに対して「死神だねぇ」って言う下りがあるの笑える。

              小学一年生の子供に向かって言う言葉かよw

               

              あと警察とFBI、部外者に情報漏えいしすぎw

               

              ついでに、細かい説明の独り言多すぎw

               

              眠りの小五郎の口元が動いてない事すら見抜けない警察に

              事件が解決できるとは思えない…。

               

               

              ま、それもコナンの面白いところではあるけど。

               

              ただそれだけのお話ですが何か問題でも?

              5『男はつらいよ 望郷編』ロケ地巡り 浦安編3

              2018.09.27 Thursday

              0

                 

                今回も1970年公開の

                『男はつらいよ 望郷編』ロケ地巡り浦安編

                 

                前々回で 銑ぁ前回でキを書きました。

                 

                ●作品の流れ

                ,気らが歩く川沿い【境川西水門付近】

                △気らが道を訪ねる【猫実の庚申塔】

                F劼働く豆腐屋さん【堀江フラワー通り付近】

                い気らと節子が挨拶する【堀江フラワー通り付近】

                テ劼さくらを送る途中【境橋】

                Δ気らと寅が別れる【浦谷町役場跡付近】

                -----------------------------------------------

                今回は↓↓

                Ц燦が啖呵売をする【正福寺】

                ┻師船の停泊シーン【境川東水門付近】

                 

                ●訪れた順番は・・・

                 

                 

                Ц燦が啖呵売をする【正福寺】

                実際はもう少し前で撮っているんだろうけど…。

                雨をしのぐ為に向かいの屋根の下から横着した画像。

                今でも作中みたいに縁日で賑わうことがあるかな。

                 

                 

                外壁が変わりすぎているので、本当ここなのかは自信がないf^^;

                なのでコメントも特にないw

                 

                 

                ┻師船の停泊シーン【境川東水門付近】

                ラストでございます。

                西なのか東なのか分からず…喫茶店のマスターが「西だ!」と言った水門。

                 

                堀江フラワー通りを訪れたあと”西”に向かうつもりで川沿いを歩いておりました。

                目的地は前回の【Ρ紺堕役場跡】を経由して冒頭の【ゞ川西水門】のシーン。

                 

                雨の中歩けど歩けど【浦安町役場跡】が出て来ず…歩くこと15分。

                とうとう水門まで到着…。僕の想像した水門の景色は前々回の↓

                 

                全く違う景色に困惑して誰かに聞こうにも雨で人がおらず…。

                やった見つけた犬の散歩中のオバ様に、倍賞千恵子が映ってる西水門の画像を見せて、

                「ここですか?」と聞くと、あっさり「こっちは東門ですよ」と…。

                 

                西に向かってたはずが逆方向に来てた…。

                 

                でもまぁせっかく東水門に来たので、

                ついでに喫茶店のマスターが「西だ!」と言った画像を見せて伺うと…

                「自信はないけど東水門のはずですよ」と仰った。。

                 

                そこから撮影当時のお話をして頂き、

                最終的には僕が持っていた傘が小さかったのを見て、

                「私の傘持っていきますか?」と気遣って頂き…

                「修学旅行で奈良に行った」って話をf^^;

                 

                何だかんだで20分くらいお話ししました。

                 

                で、話を戻して結果的には不幸中の幸いではあったけど…

                元々は△慮紊頬れきキΝ┃→浦安駅と効率よく巡るつもりが…

                まぁこれも旅の醍醐味なんでしょうが…。なんせ雨、、、。

                 

                オバ様に別れを告げ、来た道を戻り歩くこと17分。

                【浦安町役場跡】に到着した時には相当やる気が無かったw

                全ての予定をキャンセルしてこのまま奈良に帰ってやろうとも思ったf^^;

                 

                 

                とまぁ紆余曲折ありながら、当初の予定から大幅に遅れながら浦安を巡ったお話でした。

                 

                では。また近いうちに会いましょう。

                東京に行ってたお話。

                2018.09.24 Monday

                0

                   

                  今年は本当に旅行に行きすぎ…。破産する。

                   

                  年明けの東京、夏の北海道、そして秋の東京・・・・・。

                  しばらく大人しくしないといけない…。

                  と言いながら10月に兵庫県たつの市に行ってやろうと計画中f^^;

                   

                   

                  さて、もう先週のお話。

                   

                  ひー様の下の娘さんが結婚したので、そのお祝いとひー様夫妻の誕生日を兼ねた

                  サプライズのお祝い会の為東京に行っておりました。

                   

                  大体遊びで東京行くときは、時間も決めずきた電車に乗って京都に行って、

                  窓口で空いてる新幹線の切符を買って適当に…やけど今回はガチガチに予定を組んでみた。

                   

                  ネット予約すりゃ窓口で満席に慌てずに済むってのは知ってたけど、

                  どうも時間に追われる感じが好きじゃなくてずーっと往復窓口。

                   

                  でも今回はネット予約してオンライン決済。京都で発券すりゃ良いだけ♪

                  って今頃感があるけど…さらに調べるとICカードと連携させれば、

                  発券すらせずに新幹線に乗れる♪

                   

                  早速僕が唯一持っていた12年程前に【赤坂見附駅】で買った、

                  東京メトロのPASMOと連携できるか試したら…

                   

                  なななななんと出来た!!!!って当たり前かf^^;

                   

                  で、奈良から使えたら良いのにって調べたら…使えるやんw

                   

                  しかも5年程前から使えたのねf^^;

                   

                  無関心・無興味ってのは色々と損をするなぁ。。

                   

                   

                  早速チャージして出発に備えましたとさ♪

                   

                   

                   

                   

                  って話がしたかった訳ではなくて、東京のお話。

                   

                   

                  ひー様のもう一人の娘さん、当時の上司である宿さんに相談。

                  まず一家の予定を調整してもらい16日に決定。

                  宿さんには元同僚・部下で娘さんを知っている方々に連絡をしてもらって、

                   

                  よくよく考えたら僕なんもしてへんなぁf^^;

                   

                  店の予約まで宿さんがして下見までしてもらってるし・・・。

                   

                   

                  15日土曜日

                  朝から東京へ向かい浦安を散策。都内に戻り残りの贈り物を買って一泊。

                   

                  16日日曜日

                  朝、散歩がてら九段下方面を散策して会場入り。皆と合流。

                  その頃一家は…パパの誕生日祝いの名目で昼食。

                  その後デザートを食べるって事で会場に誘導。

                   

                   

                  サプライズかもって薄々勘付かれていた様子も、

                  我々がいるとは想像できず、大変驚き喜んで頂けた♪

                   

                   

                  ひー様と奥様のあんな嬉しそうな顔は正直初めてみた。

                   

                  他の方々はもっと前の幼少の頃に会ってるけど、

                  結婚した娘さんと初めて会ったのは彼女が中2の時。

                  もう12年程前になる…。上の娘さんが高1だったかな。

                   

                  この多感な年ごろの時に奈良から来た変な兄ちゃんが、

                  毎週しかも土曜・日曜と図々しく家に入り浸っても、

                  文句言わず「にぃ」「にぃ」と相手してくれ…。

                  犬の散歩に一緒に行っては色んな話をしたり…。

                   

                  何か感慨深いよねぇ。

                   

                   

                  今では下の名前で呼び捨てされるようになりましたが…w

                  いつ行っても「おかえりー」って迎えてくれる。

                   

                  この一家に僕はどれだけ救われた事でしょう。

                   

                   

                  しかし、僕の性格を考えると人様の家にお邪魔するって、

                  基本的にしないはずなのに、何で当時あんな行ってたんだろうか…。

                   

                  「またおいでねぇ」って言葉に甘えてたのはあるにしても、

                  あそこまで行くか?って思う…普通の神経なら頭おかしい。って思う。

                   

                  今もし上司の家に「今度来いよ」って言われても絶対に行かないし、

                  付き合いで行ったとしても二回目、三回目は自重するはず…。

                   

                  よっぽど寂しかったのかなぁ。多分そうだろうと思うけど、

                  お陰でホームシックにならずに東京での思い出は良い物でしかない。

                   

                   

                  そんな思いが込み上げてきたのか、結構少量なお酒なのに酔ってしまった。

                  たかだかビール数杯とハイボールくらいしか飲んでないのに…。

                  よっぽど嬉しく楽しかったんだろうなぁ。

                   

                  正直二件目の記憶があまりなく…何を食べて飲んだのかすら怪しい。

                  「お前はバカだ」とナグナグに言われてたのと、

                  結婚した娘さんに言われた一言に泣きそうになった記憶はある…。

                   

                  気がついたら17日月曜日の朝5時…。

                  食べかけのおにぎり、食べてないおにぎりが二、三個。

                  サンドウィッチ、コーラ、水、コーヒー、溶けたアイス…。

                  スマホみたらひー様からのLINE。正直驚いた…。

                   

                  今後あるかな?ってくらいの御礼とお褒めの言葉。永久保存やなw

                   

                   

                  そこからシャワー浴びてパンを食べて、7時過ぎにチェックアウト。

                   

                  国会議事堂近くに行って、千葉に行って柴又に行って、

                  『渡る世間は鬼ばかり』に間に合う様に帰ってきたのが17日の月曜日。

                   

                   

                  そんな東京に行ったお話でした。では。

                  39『寅次郎物語』ロケ地巡り 吉野山編2

                  2018.09.20 Thursday

                  0

                     

                    少し時間が空いたけど前回の続き

                     

                    第39作『寅次郎物語』

                    昭和62年(1987年)公開

                    マドンナ・・・秋吉久美子

                     

                    病気で寝込んだ秀吉少年が回復し少し落ち着いた翌日、

                    寅さんと秋吉久美子で金峰山寺境内散策の一コマ。

                     

                    ■本堂にお参り直後の秋吉久美子がと待っていた寅さん

                    ・作中

                    ・現在

                    バケツみたいなのが置いてあるところに寅さんがもたれていたのかな?

                    ここも変わりようがない場所でございます(*^。^*)

                     

                    ■御礼がてら互いのお話をする

                    ・作中

                    ・現在

                     

                    ・作中

                    ・現在

                    ここも変わりようがないけど気になったのは、足をぶらーんとしている作中。

                    現在だと床みたいのがあって出来ないからどうやって撮影したんやろうか…。

                    撮影後設置されたものなのか、撮影の為に外したのか。。

                    僧侶の方に聞いたら「当時から一切変わっておりません」との事…。

                     

                    謎だなw

                     

                     

                    ■秀吉少年の母親が見つかった!

                    ・作中

                    ・現在

                    旅館の店主役の笹野高志が「見つかったー」と駈け寄り詳細を伝えるシーン。

                    石碑と案内板が増えておりますが、もちろんそのままw

                    笹野高志…若い様なようなわっていないようなf^^;

                     

                    吉野でもう一泊した翌朝…

                    寅さんと秀吉少年を秋吉久美子が【大和上市駅】へ送ります。

                     

                     

                    ■大和上市駅

                    ・作中

                    ・現在

                    面影があるっちゃあるけどロータリーも備わり綺麗に改装されておりました。

                     

                    ■ホームで見送り

                    ・作中

                    同じ電車が来るまで待ちたかってんけど…

                    駅員さんがタダで入場させてくれたので長居も出来ず…f^^;

                     

                    映画開始57分頃から約20分にも満たないシーンですが…

                    こんな感じで吉野のシーンは終了。伊勢志摩へ向かう寅さんでした。

                     

                    お寺とかは当時と変わってないから良いなぁと再認識した

                    今回のロケ地巡り吉野山編。次回は和歌山か京都・滋賀ですね。

                     

                     

                    では、またお会いしましょう。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    あ、ひとつおまけ

                    ■見送った後駅を去る秋吉久美子

                    ・作中

                    ・現在

                    アングルは全然違いますが…

                    作中右の白い軽自動車が秋吉久美子が運転する車。

                     

                    現在は全然雰囲気が違うロータリーになっていて、

                    右側から入場、左側から退場する経路を辿る。

                     

                    作中画像の中心部分・正面のコーンの上あたりに看板がある。

                     

                    拡大すると…

                    特に作中で食事するとかは一切ないし

                    失礼ながら、開いてるか開いていないのか分からん様な食道…

                     

                    30年後の現在も絶賛営業中でございました…m(_ _)m

                     

                    こう言う発見もロケ地巡りをしていてテンションが上がる♪

                    Aさんの話。

                    2018.08.07 Tuesday

                    0

                       

                      なかなか面白い経験が出来たw

                       

                      ま、実質的な被害がなかったから悠長な事が言えるんだろうとは思うけどf^^;

                       

                      皆様、気を付けましょうね♪

                       

                       

                      さて話は7月19日のあるSMSを受信したところから始まる。

                       

                      結果的に偽メッセージ・フィッシング詐欺の類である事が分かるんやけど…

                      色んなタイミングも重なりあっさり受け入れひっかかったのは反省f^^;

                       

                      それによって手間が増えてしまった程度の被害を被った。

                      的なツイートをしたところテレビ局を名乗る公式アカウントから

                      「詳しく教えて下さい」とDMをもらったので、

                      SMSのスクショとともに経緯と状況を返信。

                       

                       

                      するとさらに電話で聞かせてほしいと言い出したので、

                      怪しくなり…名前を聞いてテレビ局に電話し部署と名前を伝えると、

                      実在されると言う事でそのまま繋いでもらった。

                       

                      改めて担当の方から電話しニュースで使いたい旨を説明され承諾。

                       

                      しばらくして電話がなり…。

                       

                       

                      今日はこのあたりで。。では。