【映画】トム×ロバーツ その2

2018.04.20 Friday

0

     

    先週に続いて…

    トム・ハンクス×ジュリア・ロバーツ共演作品。

    観たのはこっちの方が先やった気がするw

     

    いつも感想を書き終えてから各サイトのレビューを観るんやけど、

    変わり者なのか評価の低い作品をべた褒めする傾向にある汗

     

    で、今回は実話を基にしたアメリカの政治家のお話。

     

     

    2007年『アメリカ映画』

    チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

     

     

    日本の政治家も同じ様な事をしているのかなぁと思うと…正直内容的には引く。

    まっ綺麗ごとだけでは政なんて出来ないわなぁ。と一定の理解を示しつつ…。

     

    そこそこ重たい内容やけどスピード感があってテンポは僕好み。

    ジョージ・クルーニー主演の『スリー・キングス』に近い感じかな?

     

    監督に・・・

    ダスティン・ホフマン主演『卒業』やロビン・ウィリアムズ主演『バードゲージ』のマイク・ニコルズ。

     

    脚本に・・・

    軍事裁判映画『ア・フュー・グッドメン』や『ソーシャルネットワーク』

    『マネーボール』のアーロン・キーソン。

     

     

    僕の勝手なイメージでこの作品だけで考えれば、

    ロマンチストとリアリスト、相反する組み合わせな気がするけどその雰囲気は好き。

    でも中途半端って感想を抱く人も多そうな気もしなくはないけど、

    こそば痒い感じ?と言うのか…それを中途半端と言うんかなw

     

    なんせ僕は嫌いではなく、好印象を持った映画映画

     

    お勧めできるかは…

    子供と一緒には観れないやろうし、こそこそと楽しむ程でもないし…

    やっぱり中途半端なのかもw

     

    民放では内容的に無理。CSでやるかも…レベルなので機会があればDVD借りるレベルかな?

     

    そんな感じ。ではバイバイ

     

     

    【スタッフ】

    脚本:アーロン・ソーキン

    監督:マイク・ニコルズ

    製作:トム・ハンクス/ゲイリー・ゴーツマン

     

     

    【キャスト】

    トム・ハンクス

    ジュリア・ロバーツムス

    エイミー・アダムス

    ヒラリー・アンジェロ

    シャド・タイラー

    エミリー・プラント

     

     

    【ストーリー】

    酒と女が大好きだが信念もある下院議員チャーリーは、

    反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌにパキスタンに行くことを薦められる。

    現地に赴いたチャーリーはソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け、

    ソ連軍と戦うゲリラたちに武器を密輸してしまう。(シネマトゥデイ)

    【映画】トム×ロバーツ

    2018.04.13 Friday

    0

       

      実質書くのは数ヶ月振りの映画の話ー。

      って言いながら書いているのは昨年の10月。

       

       

      2011年アメリカ映画

      幸せの教室

       

      トム・ハンクス×ジュリア・ロバーツ二大スターの共演と言う事でもあり…

      って言いながら殆ど知られていないのかなぁと感じる作品。

       

      ロブ・ライナー作品に似た雰囲気があるので僕は好き。

       

      でもこう言う作品は有名スターより無名俳優を使うか、

      知名度高い俳優一人だけに絞った方がストーリーが伝わり易いのになぁ。。

       

      と思いつつ、

      やはり好きな作風であるしジュリア・ロバーツもトム・ハンクスも好きですなぁ。

       

      あとは地味に・・・でもないけど、

      トム・ハンクスの奥さんリタ・ウィルソが出演しているw

      ロブ・ライナー作品の『ストーリー・オブ・ラブ』にも出演。

      ついでに、息子のチェット・ハンクスも出演しているw

       

      ハートフルな作品なので必然と派手さはなくなる…。

      民放では地味過ぎてやらない作品ではあるけど、機会があれば是非。

       

      ではバイバイ

       

       

      【スタッフ】

      脚本:トム・ハンクス/ニア・ヴァルダロス

      監督:トム・ハンクス

      製作:トム・ハンクス/ゲイリー・ゴーツマン

       

       

      【キャスト】

      トム・ハンクス

      ジュリア・ロバーツ

      ブライアン・クランストン

      セドリック・エンターテイナー

      リタ・ウィルソン

       

       

      【ストーリー】

      ラリー・クラウンは、大学を出ていないという理由から

      長きにわたって勤務してきたスーパーをリストラされてしまう。

      その後、隣に住む夫婦の勧めで地元の大学に通うことに。

       

      大学での新生活に希望を抱くラリーだったが、

      ラリーを教える教師のメルセデスは仕事への情熱を失っていた。

      しかし、そんな二人の出会いがお互いの人生を大きく変えていく。

      (シネマトゥデイ)

      [親睦]2018年04月09日(日)対レッドスターズ戦

      2018.04.08 Sunday

      0

         

        scrapers 7 - 7 レッドスターさん

         

        お疲れさんでした土下座

         

        4月と言うのに寒かったね汗

         

        今年は僕を含めてエラーが多いっすなぁf^^;

        気を付けます。としか言い様がないんやけど気を付けます。

         

        そんな感じ。ではバイバイ

        エイプリルフールネタ・・・。

        2018.04.07 Saturday

        0

           

           

          毎年恒例?だった・・・と言うか

          個人的に楽しみやったblogでのエイプリルフールネタ・・・今年は忘れてた汗

           

          まぁ4月1日野球やったしねぇ。

           

          っていつも結構前から練りに練って考えてたんやけど、

          特に思いつかなかったってのが大きいしツイッターで呟いたからねw

           

          昨年は落語教室に通うって言って、その前がオーディション合格したって言うて、

          結婚宣言したりー、転勤の話ししたりー、blog本出版って言うてみたりww

           

          T-主将か福田さんくらいしか見ていないこのblog笑顔

           

          その割に1日平均のアクセス数が安定して100くらいある。

          多いか少ないかは分からんけど。。

           

          ツイッターから見れる様にしても、していなくても安定して100指

           

           

          単純に今年はエイプリルフールネタは無しですよ。ってお話。

           

          ではバイバイ

          【映画】正直記憶にない。

          2018.04.06 Friday

          0

             

            1985年アメリカ映画

            『ブレックファスト・クラブ』

             

             

            いかにも80年代のアメリカン・スクールドラマって感じ。

            アメリカの当時の雰囲気を味わえると言う意味では好きな作品。

            と言いつつ、三回くら寝落ちして途切れ途切れで観たから記憶にあまりなく汗

             

            昨年紹介した『フェリスはある朝突然に』の監督と同じ人の作品。

             

            『フェリス〜』がドタバタコメディなのに対して、こっちは…それすら記憶にない汗

             

            でも、

            高校生目線の悩みとか不満を表現していたな。って事は微かに覚えているけど、

            現在の日本に置いてそれに共感できるかは正直分からん。

            そう言うメッセージ性のある作品かと思われる。。

             

            色んなサイトでは、まずまずの評価なのでキチンと観たらそれなりに面白いのかも。

             

            機会があれば是非。ではバイバイ

             

             

            【スタッフ】

            脚本:ジョン・ヒューズ

            監督:ジョン・ヒューズ

            製作:ジョン・ヒューズ/ネッド・ターネン

             

             

            【キャスト】

            エミリオ・エステベス

            ポール・グリーソン

            アンソニー・マイケル・ホール

            アリー・シーディ

             

             

            【ストーリー】

            土曜の休日と言うのに学校に登校させられた高校生5人。

            彼等はさまざまな問題を起こした懲罰として自分についての作文を書かされるハメになった問題児ばかりだった。

            大きな図書館に軟禁状態にされ、何から書いていいのかわからないままだらだらと時間だけ過ぎて行く中、

            雑談からお互いの身の上話を交わし始めた彼等は次第に心を開かせて行く。 (allcinema)

            誤解されると困るけど。

            2018.04.05 Thursday

            0

               

              昨日の話しで、

              僕がチームを終わらせたくない。って固執していると思われると大変困るんやけどw

               

              そりゃ、続くに越した事がないんだろうと思ってはいるけど、

              半永久なんて難しい・ずっと出来るとはアホな僕でも思っていないけど、、、

               

              なんでしょね汗汗

               

              多分この”なんでしょね”を知りたくて、二つの番組の事を書いたんやと思う汗

               

              めっちゃ意味不明やな笑顔

               

               

              昨日みたいな書き方をすると、

              何か勘違いして「チーム潰す」=「困る」みたいな

              数年前に湧いた僕より次元の低い貧しい発想になるのかも知れないけど汗

               

              多分、より近いところにいてくれる人や同じ立場の方々は、

              この表現できない”なんでしょね”が伝わると信じるんやけど…。

               

              どう表現したら良いのん?ww

               

               

              試験前みたいな感じに似ているのかなぁ。

              黙っていても試験日は来るし避ける事も逃げる事も出来ないし、

              必然的に結果も出るし覚悟は決めてるけど・・・やっぱり・・・・

               

              なんでしょねやなww

               

               

              箱の中身は〜…じゃないんやからw

               

              と、自分で突っ込んでみたところで、補足にならんかったblogでした汗

               

              明日はストックの【映画のはなしー】です笑顔ではバイバイ

              二日前の続き。

              2018.04.04 Wednesday

              0

                 

                二日前の続き。

                 

                みなさんの〜を見ていたか?って聞かれると滅多に見ていなかったし、

                番組自体にそこまで思い入れもないから軽々しく「残念」とも言えない汗

                ま、放送していて当たり前、在って当たり前になっていた。と言えるかも。

                 

                 

                何を考えたかと言うと…。

                 

                長年続けたモノが終わる・終わらせる・終わらなければならない、

                気持ちってどんなんやろうか。ってふと思う。

                 

                正確に言うと、

                終えた後の事と言うか、ラストに向けての気持ちの整理とか決断のタイミングとか…。

                 

                テレビ番組と草野球チームなんて比べ物にならないし、

                生業と趣味の一つとではレベルも関わる人も違うけど、

                創ったって言う点では2mmくらい共通するもんがあるんかなぁと思うと、

                終らせ方・諸々の整理ってどうしたら良いんやろうか…。

                 

                 

                僕が二つの最終回で面白いなぁって思ったのは、

                何時間スペシャルかで派手に好き放題っぽくやった『めちゃイケ』

                通常の1時間枠でサラッと終わった『みなさんのおかげでした』

                 

                時間編成の枠とかスポンサーの兼合いとか色々あるんやろうけど、

                両コンビにおけるこの違いってのはなんやろ…。

                 

                めちゃイケは散々抗議とのジレンマと闘って最後に無茶苦茶したれ。って感じもしたし、

                とんねるずは「あっそ」って感じで色んな物を飲み込む?受け入れた?って感じもしたし。

                 

                 

                めちゃイケの最後の抵抗みたいなんもんも勇気・意地があって良いなぁって思うし、

                とんねるずの色んな物と闘った結果のクールさと言うか潔さみたいなんも格好良いと思ったし。

                 

                ま、僕の妄想やけどね笑顔

                 

                 

                こう考えた理由は。。。

                 

                みなさんのおかげでしたでとんねるずが歌った『情けねぇ』の歌詞の一部だけの替え歌。

                 

                そもそも、あぁ言うスタイルで最終回をするとは思ってなかったので、

                それだけでも驚きなんやけど、最後に歌ったのが『情けねぇ』とはさらに驚きw

                 

                ツイッターで何度かツイートしたくらい好きな歌ってのもあるけど、

                ”情けねぇ”ってのが良いよねグー

                 

                単純に紅白に初出場した時の歌ってのもあるかも知れないし、

                戦友であろう秋元康作詞、後藤利次作曲ってだけかも知れないけど、

                他にも歌がある中『情けねぇ』って所に勝手な想像を膨らませてしまう。

                 

                 

                歌詞を替えたところに込めた色んな想いがあるんでしょうが、

                それより僕はこの歌の歌詞の一節の

                 

                みんな時代のせいだと 言い訳なんかするなよ

                人生の傍観者たちを俺は許さないだろう

                 

                ここに”何か”反応してしまう。

                 

                その何かは妄想が過ぎるので書きませんが・・・

                最後の最後にこの歌を持ってきた意味を勘ぐってしまいたくなるよねw

                 

                最終回で何か歌を唄うんなら『一番偉い人へ』かなぁとも思ったけど、

                『情けねぇ』を選んだところに何か意味がありそうな気がしてならん。

                 

                そして、それを歌ってお二人が格好良く見えた。ってお話指

                 

                ま、機会があったらYouTubeで見てみてグーではバイバイ

                何でも終わるのは寂しいもので。

                2018.04.02 Monday

                0

                   

                  フジテレビの二大バラエティが終わりましたな泣く

                   

                  一つは1996年放送開始のめちゃイケ

                   

                  96年と言うと私が13歳、中学一年あたりやね。

                  大人になってからは殆ど見ていないけど、当時は欠かさずと言って良い程見ていた記憶がある。

                   

                  それに週明け学校での話のネタやったしなぁ。

                  当時はめちゃイケと笑う犬の生活(冒険)の話しで盛り上がった。

                   

                  初期の濱口ドッキリとか素人さん巻き込んでの企画は面白かったなぁ。

                  あと色々抗議が入って企画が終わる度に「なんでやー」みたいなんも話題やったね。

                   

                   

                  もう一つはとんねるずのみなさんのおかげでした

                   

                  僕はダウンタウン派なのと小さい頃は21時以降TV禁止の家庭だったからか、

                  ”おかげです”時代は正直見た記憶があまりなく…。

                   

                  けど旬の女優さんやアイドルにツバ吐いたり、ガチで殴ってたりに腹を抱えて笑った記憶もある。

                   

                  これも翌日の学校での話題でもあり、友人との会話のツールであった訳で。

                   

                  今の子ってそう言う話題のツールになる様なテレビ番組ってあるんやろか…汗

                   

                  テレビが面白くないって言われて久しいけど、

                  暴力とかイジメを助長するって攻撃対象になるバラエティの影響で、

                  実際そう言うのって増えてるんやろうか。。

                   

                  岡村がめちゃイケ最終回のしりとり侍?かで

                  「(企画中止して)一切イジメがなくなった」みたいな事を言ったらしいけど痛烈な皮肉やな。

                   

                  このコメントじたいに批判があるのかは知らんけど僕はありやと思う。

                   

                  実際イジメなんて無くなってないし、何しても無くなる訳ないし。

                   

                  イジメはアカンとか言いながら、

                  法に強い人が「パワハラや〜」なんてけしかけて合法的に虐める。

                  本当にそう言うのに苦しんでる方には大変申し訳ないけど。。。

                   

                  少し話が変わるけど、、、過払い金請求の期間がもうすぐ終わるらしい。

                  そうすると、やたらCMでやっている弁護士の稼ぎ場所がなくなる。

                  そうなると次は残業代請求とかパワハラ、セクハラをけしかける。

                   

                  もちろんアカン事はアカンし働いた対価はキチンと受け取るべきやけど…

                  なんかそれで良いのん?ってふと思うよね。

                   

                  冷静になって考えたら、細かい事・ある種難癖の様な事でギャーギャー騒ぎたて、

                  ごちゃごちゃ言うてを繰り返し…結局目先の小銭だけを手にして「面倒な奴」と思われ、

                  今まで築いた人間関係を失い…正当な主張かも知れんけど後ろ指をさされ…。

                  それって得するのん?って思ってしまう。

                   

                  相手の立場や背景を考えなさすぎな気もするし過剰に考えすぎる気もする。

                   

                   

                  話を戻して…

                  禁止用語とか暴力を助長するとか、一理あると思う。

                  それに苦しんでる人も多くいるんだろうと思うけど…。

                   

                  逆に腹抱えて笑って嫌な事忘れられた人や、

                  僕みたいに中学生の頃転校して話題のツールとして話すキッカケになった人とかもいる。

                   

                  難しいね。。。

                   

                   

                  少し大人になったからなのか、

                  今そこまで面白いと思う番組もないし、あえて見たいと思う番組もない。

                  NETFLIXで映画を観るか、YouTubeで昔の番組見るか…。

                   

                  これって自分でもアカンなぁって思う。。

                   

                  結局興味のあるモノ・情報しか取ってないって事やし、

                  視野が狭くなりそうな気もしている。。。

                   

                  ホント、難しいね。

                   

                  ってこんな話を書きたかったんではなく、

                  みなさんのおかげでしたの最後がカッコ良かった。

                  ってお話を書きたかってんけど次回。

                   

                  ではバイバイ

                  [大会]2018年04月01日(日)対ブラックウィンズ戦

                  2018.04.01 Sunday

                  0

                     

                    今季初大会、準優勝ピース

                     

                    エイプリルフールちゃいますよ指

                    言い方変えれば決勝戦敗退やけど笑顔

                     

                     

                    scrapers 0 - 5 ブラックウィンズさん

                    [負]竹田 3勝3敗

                     

                    少し暑い中の二試合目お疲れさんでした土下座

                     

                    この前にも書いたけど、俺も含め失策・ミスが目立った二試合目やったね汗

                    ま、また1個1個確認しながらやっていきましょう指

                     

                    それ以上でもそれ以下でもないので特に…はないけど。

                     

                    個人的にはサードは楽しいピース

                    キャッチャーも楽しいピース

                    ベンチもそれなりに楽しいピース

                     

                    そんな所ですかねグー

                     

                    次回大会は5月初旬からの市民体育大会指

                    それまでに練習試合数試合組むんで宜しくグー

                    [大会]2018年04月02日(日)対ディーメーカーズ戦

                    2018.04.01 Sunday

                    0

                       

                      scrapers 7 - 4 ディーメーカーズさん

                      [勝]隆晟 1勝1S

                      [本]谷村 1号

                       

                      お疲れさんでした土下座

                       

                      まさかの前の試合が棄権で開始時間が早まったり朝からバタバタしましたが、

                      集中力切らさんと良く勝ちましたね♪

                       

                      でも失策・記録に残らないミスが多かったなぁと思ってたら、

                      それが決勝戦の敗因になりましたね汗汗

                       

                      さて話が変わりますが、、

                      相手チームの前監督さんが今日の試合で転勤になり

                      少しの間チームを離れるみたいで…。

                       

                      僕自身、積極的に他チームの監督さんに話かける事はしないし、

                      話せる方って、ディーメーカーズの方とかブラックウィンズの監督さんくらいなので、

                      敵チームとはいえ、、、個人的にはいつも話してくれ色々楽しいお方だったので、

                      暫くお目にかかれないのは少し寂しいなぁと思うなぁ。

                       

                      試合には関係ないですが・・。

                       

                      そんな感じです。ではバイバイ